浅草駅 の賃貸オフィス

浅草駅 の賃貸オフィス

台東区の賃貸オフィスエリア 

浅草駅は、東京台東区浅草にある駅。浅草周辺は、約1400年前から町があった歴史のあるエリア。また、上野浅草エリアは、東京都内に策定した7つの副都心のひとつ。浅草駅には、東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線、東武スカイツリーラインが乗り入れている。台東区は、中小企業に人気が高いオフィス街。

浅草駅

・銀座線

隣の駅、田原町駅

・都営地下鉄浅草線

隣の駅、東日本橋駅と押上駅(エアポート快特)

隣の駅、蔵前駅と本所吾妻橋駅

・東武スカイツリーライン

隣の駅、東京スカイツリー駅

浅草駅周辺の街

江戸幕府が開かれた頃、江戸城に物資を運ぶ、水運の拠点として急速に発展した浅草。江戸時代に高台の地域を山の手と呼び、海や川がある低地をや下町と呼び、山の手には武士や大名が住み。下町には商人が集まり商業エリアを形成したと言う。下町と言う言葉も江戸時代に生まれたと言われている。現在も浅草、月島、築地、亀戸などが東京下町と呼ばれている。下町は、昔も今も商人が集まるエリア。中小規模のオフィスに最適な環境。浅草下町は、江戸時代から続く商人の町。中小企業の聖地のような場所。東京の商業の歴史は、江戸下町から始まった。みずほフィナンシャルグループは、江戸の水運を生かした鰹節問屋が集まる日本橋小舟町が創業の地。みずほフィナンシャグループは、江戸時代に創業者の安田善次郎が、鰹節問屋兼両替所を営んでいたことから始まったという。また、浅草寺の雷門の大提灯は、パナソニック株式会社の創業者、経営の神様と言われる松下幸之助が1960年から奉納を現在まで続けている。東京の下町は、江戸時代に徳川幕府の開府と同時に商人が集まり、発展した。そんな東京の下町は、現在企業が集まる商業エリア。

浅草周辺オフィスの坪単価

浅草駅周辺のオフィス物件の坪単価は、平均11000円台。30坪以内のオフィスが平均11000円代。31坪~50坪のオフィスが10000円代。51坪~100坪が11000円代。100坪以上12000円代。副都心浅草エリアは中小企業に人気のオフィス街。

東京で理想的なオフィスを探す

人気NO1の注目のオフィスエリアの最新情報を直接調査。豊富な物件情報多数掲載。東京の賃貸オフィス検索サイト。賃貸オフィス、賃貸事務所全物件仲介手数料無料。成約率の高い自社管理物件、今すぐ内見可能。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る