オフィスの防災対策 

オフィスの防災対策 

BPCとは

ビジネスで、データ損失は災害が原因であっても、あってはならない問題。電気、ガス、水道などのインフラが、ストップした場合でも、建物が致命的な損傷を負った状況でも、データを失ってはならない。システムが機能しないと、活動がダウンする事業ならば、システムをダウンさせてはならない。システムダウンが、災害被害を拡大したり、災害復旧活動に遅れを生じさせたり、災害時に混乱を招く可能性がある場合は、勿論。事業者は、起こりうるリスクに対して、リカバリーシステムを構築することが求められている。それを BCPと称する。BCPとは、「事業継続計画」を意味し、英語では、「Business continuity plan」と言い。その単語の頭文字をとってBCPと表現している。

安全配慮義務違反とは

BCPを義務とした法律はない。しかし、災害が発生したときを想定した安全安配が充分でなかった場合、安全配慮慮義務違反で訴えられる可能性がある。

防災とBCPの違い

従来の防災対策や法定防災訓練は、BCPではない。防災対策は、自社が対象になり、BCP他社や社会が対象。防災対策は、BCPの中に含まれている。自社の安全を確保すると同時に、中核システムをダウンさせない。ダウンしてしまった場合にも、速やかな復旧できるよう、設備を整備する。

BCP対策リスクの種類

BCPは、地震、大風、火山噴火、土砂災害、大雨、都市型洪水、河川の氾濫、竜巻、大風、大雪などの自然災害発生時における、対応策だけでなく、多様な種類のリスクに対応することが求められている。

交通機関の麻痺

自然災害時には、交通機関も機能しなくなり、社員が会社に出社できなくなる。また、業務中であれば、会社に戻れない、帰宅できない状況になる。

パンデミック

感染症が流行し、中核事業の担当者が感染し、中核事業継続に問題が生じる。

内部リスク

業務トラブル、情報漏えい、コンプライアンス違反など。

外部リスク

自社を狙った、サイバーテロ、営業妨害、引き抜きなど。

その他

テロ、原発事故。

上記以外にも事業活動が停止する可能性がある、多様なリスクに対応するためのマニュアルを作成すると同時に、災害発生時においても、データの保護やシステムがダウンしないようにすると同時に、会社に出社しなくてもシステムが運用できる状態をつくる。

BCP対策

BCP対策は、災害発生時に対応するマニュアルを作成すると同時に、重要データの保管先の選定や災害発生時もシステムが運用できるようにすることが重要。そして、BCP対策を実施していることを対外的に証明するために、国際規格(ISO23001)の承認を受ける。

先進のBCP対応オフィスビル

現在で都心開発されている、最新鋭ハイスペックオフィスビルのほとんどは、非常事態にも電力供給ができる設備を完備して、BCP対応型オフィスビルとなっている。また、帰宅困難者の一次避難にも対応できるように緊急時に必要な備蓄をしている。最新鋭のオフィスビルや大企業のBCP対応が進む中、既存の中小規模のオフィスもBCP対応型への設備完備が求められている。それは、エネルギーの共有だけを考えたBCPでなく、災害発生時に本当に役に立つBCP対応を実施することが重要。

東京で理想的なオフィスを探す

人気NO1の注目のオフィスエリアの最新情報を直接調査。豊富な物件情報多数掲載。東京の賃貸オフィス検索サイト。賃貸オフィス、賃貸事務所全物件仲介手数料無料。成約率の高い自社管理物件、今すぐ内見可能。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る