TOKYO OFFICE+ 東京事務所探しプラス
仲介手数料無料! 都内の事務所を検索 03-6228-0511 お問い合わせ

社員の効率UP!オフィス環境を変える

2019年11月14日 オフィスデザイン

オフィス環境は業務の効率化に大きな影響を与えます。そのため働きやすい環境を作ることが求められるようになりました。社員の能力を発揮させていくためには、労働環境の面で改善が必要になってきます。

働きやすい環境とは

職場は1日の大半を過ごす環境です。働きやすい状況を作れば、業務としての効率も変わります。東京の賃貸オフィスを利用する場合にも、どのような環境を作れば働きやすくなるのか考慮することが大切です。働きやすくなれば生産性の向上にもつながります。

スムーズに業務を行えるようにするためには、環境としていくつもの条件が出てきます。この条件がうまくそろわないと社員として働きにくくなり、不満がたまりやすい職場にもなってしまいます。労働としての満足度にも影響を与えるため、働くための環境整備は重要です。

かつてのオフィス環境といえば、ただの空間としか考えられていませんでした。場所として機能を持たせればいいという段階から、現在では創造するための空間として重視されるように変化してきています。

オフィスはさまざまな特徴を持ちますが、コミュニケーションをとりやすい環境や集中しやすい配置などは大事な条件になってきます。他にもストレスがかからない環境も働きやすいと評価されるでしょう。こうした条件を配慮した賃貸オフィスであれば、より働きやすくなり、効率も上昇します。

ただの空間としてとらえるのではなく、創造性があり、ストレスを感じずにコミュニケーションがとれる配置を考え、集中できる環境を持つ必要があります。相反する条件もクリアしながら作り上げていくのがポイントです。

オフィス改善の方法

オフィス環境の改善をする

家具のレイアウトを検討する

既存の賃貸オフィスを改善していくためには、いくつものポイントを考慮することが求められます。その一つが、普段から使っている家具のレイアウトです。
家具のレイアウトは、ただ並べればいいというわけではありません。働きやすい環境となる条件を支えるため、創意工夫が必要です。コミュニケーション一つにしても、家具によって変わってきます。東京でも効率のいい配置を考えていかなければなりません。

動線を確保する

動線も大切な要素です。人間が移動するときには、必ず一定の幅が必要になります。1人が通るために必要な最小の幅は60cm程度と考えられていますが、あくまでも最小値です。ストレスを感じないオフィス環境を構築するなら、もう少し余裕が必要でしょう。特にデスク間の幅は、椅子を引いたときにどうなるのかも検証してみるのが、ストレスの面からも大切です。

明るさにも気を配る

オフィスの明るさにも気を配ることが重要で、しっかりリフレッシュできるような休憩室を作るようにします。オンオフのスイッチの切り替えは、効率において重要な要件です。明るい環境にすれば、目の負担も減るため、疲労感も抑えられます。

適切な温度

適切な温度に調整できるかどうかも大事です。家具の配置などでも変わってきますが、温度の管理ができるのか、一箇所だけが寒いといった偏りがないかも検証してみましょう。
こうした条件を見ていくと、ストレスやコミュニケーションという部分での改善点がはっきりとしてきます。詰め込み過ぎていないか、座るだけの環境となっていないかどうか、改めて考えることができます。無意識の中でストレスのかかる環境で仕事をしていれば、効率に影響を与えてしまうので、問題点はしっかり洗い出しておくことがポイントです。

オフィス環境改善のポイント

オフィス環境の改善のポイントを考える

社員の声に耳を傾ける

オフィスの改善をする場合、担当者だけが考えていくだけでは、いい結果を生み出せません。なぜならば、働く社員の声が重要なポイントになるからです。社員がどのように考えているのか、感じているのか内容を明確にしていくと、環境を改善するためのヒントが見えてきます。東京の賃貸オフィスにおいても、どこが使いにくいのか、何がストレスになっているのかを知ると、改善方向が見えてくるでしょう。

他社を参考にする

自社だけで見ていると、視野狭窄に陥ります。他社に良いところがあるのなら、積極的に取り入れていくようにしましょう。多くの企業はオフィスを改善して効率化しようと考えています。どんなところに注視して改善していったのか、軌跡を追ってみるのも方法です。その過程において、いったいどのようなことがあったのかを知れば、改善するときに参考になるでしょう。
ただし他社からさまざまな情報を得ることは大切ですが、最後は働くのは自社の社員です。他の会社の社員が働くわけではないため、自社の目線を忘れてはいけません。

執務スペースは社員目線で考える

仕事をするために、どのような環境が必要なのか、スペースの量も含めて社員目線で考えることも大切です。効率化を進めるためには、何も動線などを簡略化するだけが良いわけではないのではありません。実際に働くときに便利なのはどういった形なのか、業務内容に合わせて作り上げていくと素晴らしい環境改善につながっていきます。

まとめ

賃貸オフィス内を少しでも働きやすい環境にすることで、効率化はもちろんのこと、社員のモチベーション向上につながる可能性もあります。これらが上手く重なると、生産性を高めることも期待できます。

働きやすさなどのバランスを取りながら、自社に合った環境を作ることが東京の賃貸オフィスでも大切な要素になるでしょう。


おすすめの関連記事


カテゴリ別一覧