TOKYO OFFICE+ 東京事務所探しプラス
仲介手数料無料! 都内の事務所を検索 03-6228-0511 お問い合わせ

省エネ対策でコスト削減!実態とその取り組み

2020年02月26日 オフィスデザイン

環境問題がとても注目され、省エネに力をいれる会社が増えています。東京では、高度経済成長の際に大気汚染が深刻化し、様々な対策が行われるようになりました。こうした環境問題は何も自動車などだけが原因ではありません。賃貸オフィスをはじめとする高層ビルで使用される冷暖房などは現在でも大きく取り上げられる問題です。

東京などの大都会だけの問題ではなく、また業種によって関係のあるなしが決まるわけでもありません。きちんとした取り組みを行うことで環境への悪影響を抑えるだけではなく、コスト削減になることもあります。多くの企業がしっかりと取り組みをすることで、環境問題の改善にもつながります。

省エネ対策の実態

2017年に日本商工会議所が発表した調査結果によると、中小企業で何らかの省エネへの取り組みを行っている企業は80%に上ります。しかし、このうち38%は経営者が取り組みを行っているもので、従業員に省エネを担当する人材がいると回答した企業は42%にとどまっています。会社の方針にもある程度左右されるものの、大半の企業が従業員での取り組みは行っていないという結果になりました。この調査で回答を寄せた企業の約半数は従業員20名以下の企業であるため、少ない人材で業務を行いつつ担当者を立てることの難しさを表しています。

【日本が掲げる2030年目標とは】
日本では温暖化対策として「2030年目標」を掲げています。これは2015年に採択された世界全体で気温の上昇値を抑えていくという「パリ協定」を元に日本が設定した目標です。具体的には2030年に温室効果ガスを2013年度と比較して26%削減するというもので、数値等は国によって異なります。目標に到達するため、日本ではいくつかの部門を設定し、その部門で設定された目安の温室効果ガスの削減目標を設定しています。

【COOL CHOICE運動と現状】
これらの数値目標を達成するためには温室効果ガスの大幅な削減が必要であり、国民全体の意識改革として設定されているのが「COOL CHOICE」という運動です。これまでにも言われてきたような
・こまめな消灯
・空調の温度設定
・節水
・省エネ家電の購入
といった対策はもちろん、環境に配慮したライフスタイルの選択をしていこう、と促しています。

しかしながら、この運動を知っているという人は少なく、同じ調査によると知らないと回答した人数が約60%にも上りました。環境問題に取り組まなくてはいけないことは知っていても、具体的な内容は知らない人が多いのです。

東京などで省エネを行っている会社の実態は、規模や賃貸オフィスなどによって違いますが4割程度という調査報告があります。環境問題が大きく取り上げられていても、具体的な取り組みについてはまだまだ認知拡大のための動きが必要ということを表しています。

省エネ対策の方法

どう省エネ対策するか?

【すぐに実行できる省エネ活動】
実際に省エネ対策を行っている企業はどのような取り組みを行っているのでしょうか。多いのはやはり
・不要な照明を消す
・エアコンの設定温度を調節する
といった、費用や時間などの投資が少なく、すぐに実行できるものからスタートしています。これらの方法であれば何らかの道具を購入する必要もなく、実行にあたって人件費を多く費やす必要もありません。会社の業種や規模、立地条件等にも関係なく、東京の賃貸オフィスを利用している企業にとっても取り組みやすい方法です。

【長期的な視点から見る省エネ活動】
もう少し踏み込んだ企業であれば、効果は分かりやすいものの投資は少なくて済む方法を採用しているところもあります。例えば
・LED証明の導入
・高効率空調の導入
などです。これらは導入時に費用は発生するものの、長く使用することができ、相対的にみればかかるコストを減らしつつ環境に良い対策を取ることができるとされているため、注目されています。また近年では証明や空調などをまとめて省エネ対策ができるサービスを提供している企業も現れています。こうしたサービスを利用することで費用面の相談や交渉も容易になるだけでなく、コスト削減にもつながります。導入する側としても窓口が一本化されるため環境整備を行いやすいというメリットがあります。

【環境マネジメントシステムの導入】
企業が行える省エネ対策にはこのほかにも「ISO14001」を取得するという選択肢もあります。
そもそも「ISO14001」というのは「環境マネジメントシステム」で、もしも環境に悪い要因があればそれを明確にし改善させていくというPDCAの考え方を用いたシステムのことです。これを取得している企業は既に環境への取り組みを行っているとみなされます。
具体的な取り組み内容は企業に委ねられ、その企業ができる範囲で工夫して行っていくことを目的にしています。そのため取得を目的に様々な取り組みを導入していくことこそが、環境保全への新たな取り組みと考えらるでしょう。

省エネ対策の今後の課題

省エネが抱える今後の課題

「COOL CHOICE」などの考えが広まっていくと、企業での環境対策も今よりも積極的に導入されることが見込まれます。一方で、具体的な対策を行えない理由として日常の業務が環境問題よりも優先されるため忙しく時間がない、費用面を捻出するのが難しいことなどが挙げられるなど、課題は山積みです。

省エネに対する社内の意識が低く、いざ行おうとしても何から行えばいいのかわからない場合もあります。また、さまざまな種類の中から、自分の会社に合っている効果のある機器を選ぶことは専門知識を必要とするので、対応するのが難しいことも課題の一つです。専門知識がある職員を探す手間や、従業員に教育を行うには時間がかかるという理由から、すぐに取り組みたくてもできないと考えている会社も少なくありません。

対策を行うための支援や情報なども不足しており、外部からの助言や支援を必要としていてもスムーズに受けられないケースもあります。最適な方法や対策を行った時の効果などを具体的に示してもらうことが難しいと、取り組むことに躊躇してしまいがちです。今後の課題として、コスト面や効果などをさまざまな面からリサーチして分かりやすく示してもらえるような専門家のサポートが必要とされています。

まとめ

省エネ対策は誰でも行うことが可能で、コスト削減にもなります。しかし、一定の知識が必要になるため効果的な方法や情報が少ないことが課題として挙げられています。これから取り組む会社はこのような課題を解決しなければいけません。条件に関係なく、東京の賃貸オフィスなどでも始めることが可能な取り組み方をしっかりと考え、より効果的な方法を探してみましょう。専門家と契約することで簡単に行うことができる方法もあります。


おすすめの関連記事


カテゴリ別一覧