TOKYO OFFICE+ 東京事務所探しプラス
仲介手数料無料! 都内の事務所を検索 03-6228-0511 お問い合わせ

どんな人に向いている?小規模オフィスの賃貸オフィスの選び方!

2022年03月17日 賃貸オフィスの選び方

賃貸オフィス選びで迷ったら、小規模な物件の特徴を比較してみましょう。どんな人に向いているのか、どんなメリットがあるのか紹介します。広い物件だけでなく、コンパクトな部屋も選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

小規模オフィスのメリット

賃貸オフィスで小規模オフィスを選ぶと、次のようなメリットがあります。おもにコストの低さや利便性を重視する場合におすすめです。

コストを削減できる

大規模オフィスと比べて、小規模オフィスは賃料が安くなります。賃料が安ければ敷金や礼金などの諸費用も抑えられるため、初期費用を削減したい人に向いているでしょう。毎月支払う賃料も安くなり、大幅なコストダウンが可能です。

また、小規模のオフィスはスペースが限られるため、最低限の用品のみを購入する場合が少なくありません。最低限必要となるデスク・チェアだけでも済む場合もあるでしょう。そのほかにも内装にかけるコストも、大規模オフィスと比べて低くなります。

レイアウトがしやすい

限られたスペースを活用するため、レイアウトが簡単です。家具を設置する場所が限られていることが多く、レイアウトで悩む心配が少ないでしょう。一方で大規模オフィスでは、間仕切りの設置やデスクの配置など多数のレイアウトが可能なため、専門知識が必要となる場合があります。部屋がコンパクトなら、一般家庭でのレイアウト知識を活かしてレイアウトを考えられるでしょう。

スタッフのコミュニケーションが取りやすい

小規模オフィスはスペースが限られており、デスクが近くなる傾向があります。従業員の距離が近くなれば、コミュニケーションが取りやすいでしょう。すぐ近くに声をかけられる安心感があり、物を渡す際にも立ち上がる手間がありません。お互いの距離が近ければ、上司や部下などの立場を気にせずにコミュニケーションが取りやすいメリットがあります。

小規模オフィスに向いている人

オフィスの広さで迷ったら、小規模オフィスに向いている人の特徴を比較してみましょう。自分の条件と合っていれば、コンパクトスペースがおすすめです。

従業員の数が少ない

もともと少人数の従業員で運営している企業や、テレワークで出社人数が少ない会社におすすめです。また、フリーアドレス制を採用しており、デスクでの作業にこだわらない会社にも向いているでしょう。

1人で起業する人

自分1人で起業する場合は、限られたスペースで十分でしょう。事業規模が拡大し、従業員が増えてからオフィスを引っ越しても遅くはありません。1人起業は初期費用を抑えたいことが多いため、シンプルなオフィスが便利です。

パソコン1台で作業できる人

最低限の家具が設置されている小規模オフィスなら、パソコンを持ち込むだけですぐに作業できます。ネットショップ運営などパソコンで作業が完結する業種に向いているでしょう。物件によっては、共有部分にプリンターが完備されており、共有のWi-Fi環境が整うところもあります。

小規模オフィスの賃貸オフィスの選び方

自社に小さなオフィスが向いていることがわかったら、次は選び方をチェックしてください。多数ある物件から最適なところを選ぶため、次の点に注意しましょう。

自社に合った立地の物件を選ぶ

まずは、自社に合った立地選びからです。立地によって会社のイメージが左右されるため、業種に合わせた地域を選んでください。また、似たような業種が集まるエリアなら、日々の業務を同じエリア内で済ませることも可能です。来客が少ない業種であれば地域はどこでもよく、賃料が低いところを選ぶ方法もあります。外出や来客が多い業種では、駅からのアクセスも考慮が必要です。

災害対策をチェックする

オフィスは従業員の命を守るため、災害対策が求められます。万が一大きな災害により交通がストップした場合でも対応できる場所を比較しましょう。また、耐震性が高い物件なのかも入居で注意したいポイントです。

共有分が整っている物件を選ぶ

エリアが絞り込めたら、いくつかの物件を内覧してください。紹介された物件の写真や間取り図で気に入っても、実際に現場を見ないと入居は決められないでしょう。とくに注意して見ておきたいのは共有部分の清潔さです。汚れがある、雑然としていると、自社へのイメージもダウンしやすいため注意してください。

レンタルオフィスを選ぶ

1人で入居できる物件や、少人数向けの物件のことです。家具など最低限の設備が整っていることが多いため、すぐに入居できます。1か月単位の短期入居が可能なところもあります。起業して間もない会社や、テレワーク向けにオフィスを縮小したい会社におすすめです。ただし、物件によっては登記に活用できない場合があるため、事前に確認してください。

小さなオフィスは、名前から少人数での利用が想定できるでしょう。大きな企業であっても、テレワークでオフィス縮小を考えているならおすすめです。オフィスにかけるコストを減らし、必要最低限のオフィスにしてみましょう。事業が大きくなるまでの繋ぎとしても活用してみてください。


おすすめの関連記事


カテゴリ別一覧