TOKYO OFFICE+ 東京事務所探しプラス
仲介手数料無料! 都内の事務所を検索 03-6228-0511 お問い合わせ

オフィス移転の費用はどれくらいかかる?相場や内訳を紹介

2021年06月30日 オフィス移転

オフィスの移転が決まったら、気になるのはかかる費用でしょう。
初めての移転だと、どのくらいの費用がかかるのか予測できない場合があります。

そこで、オフィス移転費用の相場を紹介します。
大まかにかかる費用を把握して、移転の計画を立ててみてください。

オフィス移転にかかる費用とは?

オフィス移転にかかる費用は、現オフィスにかかる費用と新オフィスにかかる費用の2種類があります。
それぞれを足して、全体にかかる費用を考慮しましょう。

オフィスの規模や従業員の数によっても、移転費用は異なります。
また、旧オフィスの原状回復が必要なのか、新オフィスの内装工事が必要かによっても変わります。
旧オフィスにかかる費用より、新オフィスにかかる費用が高くなるのが一般的です。

費用が高額になりやすいのは、賃貸の初期費用・内装工事・原状回復工事です。

現オフィスにかかる移転の費用

原状回復費用の相場は、1坪あたり2~5万円です。
大規模オフィスの場合は、1坪あたり5~10万円かかる場合があります。
工事はオーナー指定業者に依頼することが多いため、費用を削減するのは難しいでしょう。

例えば、1坪あたり10万円で100坪なら、1,000万円かかります。
1坪あたり5万円で100坪なら、500万円かかる計算です。
なお、敷金や保証金を支払っているなら、原状回復費用に充てることができます。

原状回復とは、間仕切り・床素材や壁紙・照明など手を加えたものを撤去することです。
または、床材や壁紙の張り替えや、塗り替えが必要なこともあります。

原状回復の必要があるかは、賃貸契約書に記載されています。
契約時に原状回復の条件があれば、借りたときの状態に戻さなければなりません。
条件があるなら、短期間の契約できれいでも原状回復が必要です。

不用品廃棄費用

不用品廃棄費用は、4トン車1台で10万円程度です。
原状回復で撤去したものや、デスクなど什器を処分する際にかかります。
また、電化製品は家電リサイクル料がかかるものがあるため、確認してください。

費用を削減したいなら、使えるものを業者に買い取ってもらいましょう。
買い取りやすいのはスチール製品家具類で、木製家具は廃棄となる可能性があります。
または、原状回復の必要がないなら、居抜き物件とすれば廃棄費用の削減ができます。

賃料

現オフィスは、契約終了日まで賃料が発生します。
注意したいのが、退去の申し出は6か月前の場合がある点です。
申し出が遅れると、引っ越ししていても6か月分の賃料が発生します。

新オフィスにかかる移転の費用

新オフィスにかかる移転の費用は、細かいものがあります。
とくに賃貸契約や内装工事は高額になりやすいため、事前に確認しましょう。

賃貸契約にかかる費用

賃貸契約の敷金や保証金の相場は、賃料の6~12ヶ月分です。
一般住宅より相場が高いのは、原状回復のため敷金や保証金を高めにしているためです。
最初は費用が高くなりますが、退去の際に負担を軽減できます。
例えば、賃料が10万円で12か月分なら120万円かかる計算です。

ほかにも賃貸契約にかかる費用は、礼金・前家賃・火災保険・保証委託料・仲介手数料などです。
礼金はかからない場合があります。
前家賃は契約開始月の賃料で、火災保険は2万円程度、保証委託料や仲介手数料は賃料の1か月分が相場です。

内装工事

内装工事の相場は、1坪あたり10万円程度です。
電話や通信ネットワーク工事は、1人あたり5~7万円を想定しておきましょう。
デスク設置は、1人あたり5~30万円程度かかります。
総合して1坪10~20万円を考えておいてください。

内装工事は手を加えるほど、当然費用は高額になります。
費用を削減するなら安価な素材を選び、前のオフィスで使っていたものを活用しましょう。

引っ越し費用

引っ越し費用の相場は、2トントラック1台約8万円です。
従業員1人あたり、2~3万円を想定しておきましょう。

精密機器があるのか、引っ越し先はエレベーターがあるかでも費用が変わります。
また、引っ越しの相場が高くなるのは2月~4月です。

費用を削減したいなら、複数業者で見積もりを取って費用を比較しましょう。
または、荷物が少なければ自分たちで運搬できるものを運ぶ方法があります。
ただし、引っ越しの際に共用部に傷をつけないよう注意しなければならず、精密機器の運搬は業者への依頼が安心です。

その他の費用

その他にかかる費用は、移転の告知費用・各種届出費用・IT購入費用・システム導入費用などです。
移転の届け出は、税務署・地方税事務所・法務局・社会保険事務所などです。
手続きを行政書士に依頼するなら、10~20万円程度考えておきましょう。

オフィスを移転するとなると、現オフィスと新オフィス両方に費用がかかります。
それぞれの費用を事前に見積もりをとり、把握しておくようにしましょう。
費用が高額になる場合は、削減できる部分がないか考えてみてください。

オフィス移転にかかる費用の総額は、小規模の企業でも数百万円、大企業では数千万円かかる場合があります。
グレードを下げるなど削減できる対策がないか、比較してみましょう。


おすすめの関連記事


カテゴリ別一覧