TOKYO OFFICE+ 東京事務所探しプラス
仲介手数料無料! 都内の事務所を検索 03-6228-0511 お問い合わせ

働き方の多様化は企業にどのような影響を与えるのか?

2022年06月28日 ワークスタイル

近年では、テレワークなど勤務の多様化が求められるようになりました。しかし、制度や管理体制の見直しが必要となるため、企業にとってデメリットがあるのではないかと不安な場合もあるでしょう。まずは、多様化の意味を理解し、企業にとってメリットがあるのか確認してみてはいかがでしょうか。

働き方の多様性とは

近年、働き方の多様化が求められるようになった原因は、コロナ禍の影響により働く環境が変わったことが大きいでしょう。緊急事態宣言により、多くの企業で在宅勤務が検討されました。

また、2019年から国を挙げて働き方改革を進めており、多様化が求められるようになってきました。国による政策は、少子高齢化によって生じる働き手の不足問題を解消するため、多様化を進めるといったものです。

勤務の多様化とは、スタッフに合わせた勤務時間・勤務場所・休暇などを選べる働き方のことです。今後はAIの発展により人的な労働を必要としない場面も出てくると考えられるため、世の中の企業では徐々に多様性が進んでいくことでしょう。

働き方の多様性が企業に与えるメリット・デメリット

自由な勤務が可能となれば、従業員にとってメリットがあるでしょう。さらに企業にとってもメリットがあるため、確認しておきたいものです。ただし、良い面だけでなくデメリットもあるので注意が必要です。

メリット

勤務時間や場所を自由に選べるため、育児や介護を行う方は、仕事との両立がしやすくなるでしょう。また、在宅勤務の採用では遠方の人材も雇えることから、優秀な人材雇用につながりやすくなります。

企業にとってのメリットは、業務にかかるコスト削減や生産性の向上です。在宅勤務のスタッフが増えれば、家賃が高く広いオフィスは不要となり、小規模オフィスに移転できます。また、通勤の必要がないため、労働時間が適切となります。仕事に集中しやすい環境で業務を行うことで、生産性アップが期待できるでしょう。

さらに、双方にとってメリットが生じるとなれば、企業をアピールする機会にもなります。多様性のある働き方は多くの人にとって魅力的であり、積極的に取り組む姿勢は企業のブランディングにもつながるでしょう。

デメリット

一方でデメリットとしては、スタッフも管理する側も慣れが必要な点です。制度を取り入れても、最初のうちは積極的に参加する従業員が少ないかもしれません。従業員にとっても企業にとっても、働き方が変われば不安が大きくなる恐れがあります。

さらに注意したいのは、管理職の業務が増える可能性がある点です。従業員のスケジュール管理が必要となり、手間が増える恐れがあるでしょう。仕事が思ったより進まないときは、管理職が責任を負う必要が出てくるかもしれません。どちらのデメリットに関しても、最初から上手くいくことは少ないため、少しずつ改善していくしかありません。

企業ができる働き方の多様性の具体例

働き方を変えるといっても、何からはじめるべきか迷うかもしれません。これから多様性を目指すなら、以下の取り組みからはじめるといいでしょう。

テレワーク

代用的な取り組みとして、テレワークがあります。テレワークとは、働く場所や時間を限定しない勤務のことです。在宅勤務・レンタルオフィスなど好きな場所で仕事ができるようになります。自宅以外の場所で働く場合は、企業でレンタルオフィスやコワーキングスペースを借りるといいでしょう。またテレワークは、会社に属さないフリーの人を雇う方法もあります。

時短勤務制度

小さな子どもがいる家庭や介護が必要となる状況では、時短勤務制度の導入がおすすめです。時短勤務とは、勤務時間を6時間に短縮する制度です。通常の制度では3歳までですが、子どもの年齢や用途に関係なく、企業独自に時短勤務を採用することもできます。働く時間は短くなりますが、正社員と同等の待遇があれば育児が終わっても仕事を続けやすく、離職を防ぐことができます。

始業や終業時間の調節

通勤ラッシュを避けるため、通勤時間をずらす対策があります。また就業時間を早くすることで、従業員はプライベートな時間を確保できるでしょう。平日しか行けない役所での手続きや、通院が必要な方にとって便利な仕組みです。始業や終業時間の調節は、フレックスタイム制の導入がいいでしょう。1か月の総勤務時間を定める方法で、出勤と退勤時間は従業員が自分で決めることができます。

労働時間の細分化

育児や介護などでまとまった勤務時間が取れない場合は、労働時間の細分化がいいでしょう。一般的に在宅勤務では1日単位となりますが、1時間単位にすることで仕事時間を確保しやすくなります。さらに時間を短くして、10分単位とする方法もおすすめです。

細分化した有給休暇制度

1日の有給休暇を取得するのに抵抗がある人でも、半日や時間単位なら取りやすいでしょう。周りの人に気遣ってしまい、有給休暇の取得率が低い企業におすすめです。

これからは働き手不足から、人材確保が課題となる恐れがあります。人材を募集すれば優秀なスタッフが多数集まる時代ではなくなってきているため、企業側も働き方の見直しが必要でしょう。より働きやすい環境を作るため、働き方の多様性に目を向けてみてください。


おすすめの関連記事


カテゴリ別一覧