TOKYO OFFICE+ 東京事務所探しプラス
仲介手数料無料! 都内の事務所を検索 03-6228-0511 お問い合わせ

起業する際に役立つ資格とは?

2021年12月23日 ワークスタイル

これから起業を目指すのであれば、何か知識を得たほうがいいのではないかと考えるかもしれません。そんな場合、資格取得を考えますが、どんなものが必要なのでしょうか。開業前に取得を目指す人向けに、おすすめの種類を紹介します。

起業で資格はあるといいのか?

いざ起業しようと思っても、何も知識がない状態だと不安かもしれません。まずは、開業に必要なのか考えてみましょう。

なくても起業は可能

なくても、起業は可能です。特定の分野の経験があるなら、経験をいかしてフリーランスとして活躍することができます。とくにIT系の技術者は、スキルがあればなくても問題ないことがあります。

知識習得のため取得はおすすめ

開業するには特定分野のスキルだけでなく、経営知識が必要です。会社員として働いていた場合と事情が大きく変わるため、経営や経理に関する知識習得目的で取得がおすすめです。

たとえば、会社を経営するにあたり知っておきたい法的知識です。税金面や資金繰りなどお金の知識も必要となるでしょう。専門知識は勉強する機会を設けないと、なかなか習得できないものです。実践にいかせる知識とするため、事前に取得がおすすめです。

信頼感アップに役立つ

経営者がスキルを持つ人だと、社会的信用度が上がるメリットがあります。取引先からの信用度が上がりやすいため有利に働きやすいでしょう。開業したばかりは信用がない状態のため、事業を早く軌道に乗せたい場合におすすめです。

起業する際におすすめの資格

経営やお金の知識は、開業するうえでの基本的なものです。会社経営で必要な知識をつけるため、以下の取得が役立つでしょう。

ファイナンシャルプランナー

資金繰り、保険、税金、年金、不動産などお金に関する知識が身につきます。経営上のお金の問題を解決する知識が得られるでしょう。国家と民間の2種類があります。FP技能検定2級や1級は受験要件があるため、まずはFP技能検定3級取得を目指すといいでしょう。

日商簿記

会社経営での経理上の知識を身につけることができます。帳簿の入力から読み取りまで対応できるため、資金繰り対策としておすすめです。3級は比較的難易度が低いため、おすすめです。確定申告に役立つ知識を得るなら、2級取得を目指してください。

中小企業診断士

経営コンサルタントのための国家資格です。経営・財務・人事など幅広い知識を習得します。種類は一次と二次があり、特定の情報処理技術のスキルがあれば一次試験は免除されます。難易度は高めのため、勉強時間が取れる人におすすめです。

社会保険労務士

社会保険に関する知識を得るため役立ちます。従業員を雇うなら必要な知識でしょう。労働基準法の法律に関しても学ぶことができます。一般的に学校に通いながら取得を目指します。受験に必要となる学歴がない場合は、補助実務3年以上の経験が必要です。

税理士

税に関するスペシャリストの国家資格です。会社を経営すると、税金の計算や支払いが必要となります。取得しておけば、自分で税関係の書類を作成できるでしょう。大学や専門学校などに通う必要があり、補助実務経験も求められます。難易度は高めで、条件も細かいため事前に確認してください。

業種別の起業におすすめの資格

経営に必要なもの以外では、特定の業種向け取得がおすすめです。業種によっては、資格があったほうが開業しやすい場合があります。

宅建取引士

不動産取引分野での開業なら、宅建取引士が必要です。売買や賃貸契約に必要となる国家資格です。取得すれば独立開業できるため取得を目指してみましょう。難易度はやや高めですが、誰でもチャレンジできます。

柔道整復師

体のけが治療をする国家資格です。取得すれば、独立開業ができるようになります。専門学校へ通う必要があるため、費用や時間がかかります。夜間学校もあるため、働きながら取得を目指すことも可能です。働き口も多数あるため、事前のスキル習得もしやすいでしょう。

食品衛生責任者

飲食店の経営を目指すなら、取得しておいて損はないでしょう。お店で1名は食品衛生責任者を置く必要があります。取得では、衛生管理についての知識が学べるでしょう。

ITパスポート

アプリの開発などIT事業での開業で役立ちます。IT技術全般の知識が学べるため、取得を目指してみてください。なくてもIT分野での開業はできますが、取得すると技術習得の証明になります。

販売士検定

アパレルなど販売で起業するなら、おすすめの資格です。販売で必要となる接客マナーを学ぶことができます。ITパスポート等と同じく、なくても起業はできますが、売上アップやスタッフの育成に役立つスキルです。

起業する際には、経営やお金に関するスキルの取得がおすすめです。知識の幅を広げるなら、税理士や行政書士などの専門知識取得もいいでしょう。幅広い知識があれば、トラブルを予防することができます。資格があれば成功できるわけではありませんが、失敗を減らす対策としておすすめです。


おすすめの関連記事


カテゴリ別一覧