TOKYO OFFICE+ 東京事務所探しプラス
仲介手数料無料! 都内の事務所を検索 03-6228-0511 お問い合わせ

オフィスワークの天敵。目の疲れの解消法とは?

2020年10月26日 ワークスタイル
ビジネスマンの眼精疲労

電子機器などを見つめる時間が長いオフィスワークでは、目の疲れ(眼精疲労)が溜まりやすくなっています。東京の賃貸オフィスで働く人たちにとっても当たり前のことだと思ってしまいがちですが、放置することでどんどん症状が悪化し、深刻になってしまう可能性もあります。
業務効率の悪化につながりかねないので、早めの対策がおすすめです。

目の疲れは肩こりや頭痛の元になる

目の疲れの原因とは

東京のオフィスワークで多いのはパソコンを使った仕事です。細かい作業をする時や、コンタクトや眼鏡の調整が合っていない場合に目に大きな負担がかかります。
目には水晶体と呼ばれるカメラのレンズのような物があり、それを調整することで文字を見ています。見やすくするために水晶体を引っ張ったり、緩めたりしているのが筋肉で、目をたくさん使うとその筋肉が疲労を起こします。これが目の疲れ(眼精疲労)の原因です。

疲れるのは目だけじゃない!全身に影響が出る怖い症状

賃貸オフィスなどで目をたくさん使っていると、目の疲れが取れにくくなります。最初は目の痛みや重さを感じる程度ですが、そのうちに目の乾きを感じる、文字がかすんで見えるなど、症状が深刻化してきます。症状を改善するために休憩や睡眠をとってもすっきりせず、どんどん症状が進むと体のいたるところで不調が起きてしまいます。
目の筋肉には自律神経があり、そのバランスが崩れてしまうことで頭痛や肩こりなどの症状が出やすくなります。イライラが続く場合も自律神経の乱れが原因かもしれません。

目薬で気分をリフレッシュ!意外と知らない正しい点眼方法

目薬をさす女性

目の疲れを軽減するための方法とは?

辛い目の疲れ(眼精疲労)を改善するためには、バランスの取れた食事と、規則正しい生活が大切です。自律神経の乱れを整える効果もあり、目だけではなく体全体を休めるように意識するといいでしょう。
東京の賃貸オフィスでも行える方法としては、長時間オフィスワークを行う際に1時間ごとに10分程度目を休めるように心がけます。目のストレッチや目薬をさすことなどは手軽に行え、効果的です。
目薬を使う場合は、ピントを調節する機能を回復する成分が入っているものを使うと、疲れが取れやすくなります。目の乾きを感じる方にも目薬はおすすめです。

基本の点眼方法

目薬は簡単に手に入るものなのでつい適当に扱ってしまいがちですが、間違った使い方をすると症状が悪化したり、失明を招いたりする恐れがあるため注意が必要です。
使う前には必ず手を洗い、薬本体にばい菌が付着しないように気をつけましょう。薬の一部なので、多用することは避け、一日の使用回数を説明書の通りに守ることがポイントです。たくさん使いすぎると血管が太くなり、充血や失明の危険があります。
箱の裏などに書かれている使用期限を過ぎたものは処分しましょう。長く使っていると目薬の中に雑菌が繁殖し、眼病の元になります。薬の効果も弱くなると言われています。

オフィスワークの便利アイテム、ブルーライトカットメガネの効果とは?

ブルーライトカットメガネ

目の疲れの原因になるブルーライト

東京の賃貸オフィスでもたくさん使われているのがパソコンやスマートフォンです。このような機器からは、ブルーライトという光が発されています。少し前までオフィスでの疲れ目はパソコンを長時間見ることで目が乾燥すること、姿勢が悪いことが原因だと考えられていましたが、最近ではこのブルーライトも原因の一部だと言われています。
ブルーライトは波長が短く光が強いため、光が散乱します。光のちらつきやまぶしさを感じる中で、目はピントを合わせようと必死に調節を行うので、不調を起こしやすくなってしまいます。

ブルーライトカットメガネを使用して得られる効果と使うべきタイミング

目や目の不調から来る体へのトラブルを改善するためには、ブルーライトをカットする道具の活用が効果的です。手軽に行えるのがブルーライトカットメガネです。使い方はとても簡単で、パソコンやスマートフォンを操作する際にこのメガネを装着するだけでブルーライトをカットできます。メガネによってその効果が数値で分かるようになっているため、購入する際の参考にすると良いでしょう。
効果は人によって違いますが、目の疲れが軽減され、肩こりや頭痛を予防できるようになったケースもあります。
パソコンやスマートフォン以外にも蛍光灯や太陽の光からもブルーライトは出ています。しかし、一日中メガネをかけることはせずに、休憩時間中はメガネを外して自然の光を受けるようにしましょう。特に午前中は生活のリズムや睡眠のリズムを整える上で光を浴びた方がいい時間とされています。上手く使い分けることが大切です。

まとめ

仕事中のふとした瞬間に感じる目の疲れは、休めば簡単に治ると思いがちですが、繰り返すことで目以外の不調まで引き起こしてしまいます。東京の賃貸オフィスで働く方は、体調管理も社会人の基本です。簡単なケアで改善できますので、快適なオフィスワークを目指しましょう。


おすすめの関連記事


カテゴリ別一覧