TOKYO OFFICE+ 東京事務所探しプラス
仲介手数料無料! 都内の事務所を検索 03-6228-0511 お問い合わせ

オフィスで紅茶!仕事に効くその効能とは?

2020年07月02日 ワークスタイル
紅茶の入ったカップを持つ男性

仕事の時の飲み物と言えば、コーヒーを思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし紅茶を選ぶ人も多く存在します。その理由は味だけでなく、仕事に効くからと答えるビジネスマンも少なくありません。
仕事に効くということは、具体的にどのような効能があるのでしょうか。東京の賃貸オフィスなどでも飲みやすい、仕事の能率にかかわってくる紅茶についてご紹介します。
おいしく淹れるコツも学ぶと、明日からのオフィスのティータイムで実践しやすくなります。

紅茶が好きなビジネスパーソンの意外な共通点

東京の賃貸オフィスで働くビジネスマンにとって、少しの息抜きタイムは貴重で大切です。上手にブレイクタイムを取れると、気持ちを切り替えられて、仕事の効率も上がりやすくなるからです。
短い休憩時間にコーヒーを飲む、という人も多くいますが、時には緑茶や紅茶といったドリンクを飲んで気分転換をするというのもおすすめです。

紅茶を飲んでいる人の意外な共通点

・効率的に仕事をする
紅茶が好きと答えた人の方がそう答えなかった人より、仕事の効率を意識して意欲的に取り組んでいるというアンケート調査があります。またクオリティーやこだわりといった面を大切にしている人の割合が多くなっています。
しっかりブレイクタイムをとり、頭をスッキリさせることによって、創作意欲がわき時間を意識して仕事を行えます。

・目標を達成している人が多い
紅茶を毎日飲むというビジネスマンは、飲まない人よりも目標を達成したと答える人の数が多いという結果があります。目標を達成するためには日ごろから目的意識を持つことや、自己分析といった努力が必要です。
ティータイムに頭を休めてメリハリをつけ、仕事に取り組んでいる人もたくさんいます。

・毎日飲んでいる人はそうでない人に比べ管理職が約1.7倍
管理職の人の方が紅茶を飲む頻度が高く、管理職ではない人に比べて多く飲んでいます。アンケート調査によると、よりポジティブな考え方を持ち、仕事をスマートにテキパキ行う人が多いという結果も出ています。

仕事で役立つ紅茶の効能

オフィスのワークスペースにある紅茶

紅茶といえば、リラックスしたいときに飲む、ということが一般的です。しかし、オフィスで飲むと仕事に効くいろいろな効能があります。

オフィスで飲むメリットとは

・集中力UP
脳の機能を活性化させ、自律神経のバランスを整える効能があるために、集中して行いたい業務の前に一杯飲むと効率を上げることができます。
不安や緊張をほぐす効果もあるので、大事なプレゼンテーションや会議の前などにも最適です。集中しつつ落ち着いて物事を行う効能が得られます。
また、デスクワークの際、コーヒーブレイクばかりだと飽きてしまうこともあります。1日のどこかで紅茶を飲んで気分転換を図るのは、非常に効果的です。

・コミュニケーション力アップ
ちょっとしたブレイクタイムを取ると、仕事で使った身体を休憩させることができます。さらに一緒に飲んでいる同僚や上司と気軽な雑談タイムを取れるので、良い人間関係が生まれます。
いつも仕事の話ばかりでは、円滑な人間関係は期待できません。趣味の話や季節の話題など、お互いを知ってコミュニケーションを取り合うことにより、仕事への意欲がわいてきます。
人間関係が円滑になると、オフィスの効率にも良い影響が出てきます。

ティーバッグを使って紅茶をおいしく淹れる方法

紅茶とスマホ

東京の賃貸オフィスで働く合間に紅茶を飲む場合は、よりおいしく淹れられるよう工夫をしてみましょう。素早く準備するためにティーバッグを使うこともよくありますが、ティーバッグでもうまく淹れられるポイントがあります。

上手に淹れるポイント

・お湯を入れすぎない
ティーバッグ一つに対して、お湯は約150ccくらいが適当な量です。少なすぎると濃く出るので苦みが強調されますし、多すぎると薄くなってしまいます。適量を注ぐように心がけます。

・お湯を入れたら必ず蒸らす
お湯を入れたあと、マグカップの蓋を閉じるようにしましょう。蓋がなければ、マグカップの口径を覆える程度の、大きめの小皿を使って蓋をし、数分蒸らします。

・静かにティーバッグを引き上げる
引き上げるときにお湯の中で振ったり、押したりしたことがあるかもしれません。色は濃くなりますが、えぐみが出てしまうので、おいしさより苦みが強調されます。静かに引き上げ、香りも楽しみながらいただきましょう。
フルーツティーやシナモンティーなども独特の香りで気分転換を図れます。苦めの味が苦手な場合は、はちみつやミルクを少し入れるのがおすすめです。

まとめ

紅茶はオフィスにおいても有効な飲み物です。オフィスの仲間とのコミュニケーション力を上げたり、大切な仕事の前に集中力を上げたりするなど、仕事の効率を向上させる効果が得られます。そのため上手にブレイクタイムを設けることが大切です。
ティーバッグを使って簡単に作れる上、厳しい練習や鍛錬は必要ありません。この機会に東京の賃貸オフィスでティータイムを楽しみながら、仕事のパフォーマンスを向上させてみましょう。


おすすめの関連記事


カテゴリ別一覧