TOKYO OFFICE+ 東京事務所探しプラス
仲介手数料無料! 都内の事務所を検索 03-6228-0511 お問い合わせ

働き方改革とは?メリットや注意するべきポイントを紹介!

2022年07月19日 ワークスタイル

人材確保に悩んでいるなら、働き方改革が必要かもしれません。なぜなら、魅力的な企業がどんどん誕生しており、そういった会社に優秀な人材が移ってしまうからです。企業の成長を望んでいるなら、働き方を変える取り組みに挑戦してみてはどうでしょうか。導入するメリットや注意点を詳しく紹介していきます。

働き方改革とは?

働き方改革とは、働き方環境を見直す取り組みのことです。日本では少子高齢化社会にともない、労働人口減少の問題があります。こういった問題を解決するため、国をあげて取り組みをしており、2019年には働き方改革関連法案の一部が施行されました。

このように、今後は働き手の不足により幅広い企業で人材確保が難しくなっていくと考えられるため、企業にとっても働き方改革は見逃せないことでしょう。働き方改革の内容は例えば、労働時間の改善・有給休暇の取得のしやすさなどがあげられます。企業の総務部や経営者は、働き方の知識を深め求職者や従業員に選ばれる会社を目指すようにしましょう。

働き方改革をするメリット

企業が積極的に働き方改革に取り組むと、人材確保とイメージアップのメリットが得られます。実際に取り組む前に、企業にとってどのような恩恵が得られるのか確認しておくと、取り入れる理由が明確になり進めやすくなるでしょう。

新たな人材を確保しやすい

働き手にとって魅力的な福利厚生の充実を図ることで、幅広い人材を集めやすくなります。例えば、家族手当の充実・有給休暇の取りやすさ・女性が働きやすい環境づくりなどです。充実した環境が整っていれば、自然と優秀な人材が集まってくるでしょう。人材確保で悩まされる心配が少なくなり、求人にかけるコストダウンが可能となるメリットがあります。

生産性がアップする

労働時間の見直しや有給休暇の取得率を高める取り組みでは、従業員が業務に集中しやすくなるでしょう。例えば、労働時間は8時間にこだわらない、出社や退社時間を自由にする、昼寝ができる環境を整えるなどの対策があります。また、無駄な残業時間を減らす取り組みにもなり、従業員自らが効率性を求めるよう意識が変わっていき、結果的に企業の生産性が高まるメリットがあります。

従業員の定着率向上

長く勤めたくなる福利厚生が充実している企業は、従業員の定着率が高まるメリットがあるでしょう。例としては、勤務年数が一定期間を超えると家族旅行をプレゼントする、業績が高い従業員を表彰するイベントの開催などです。従業員の定着率を高めるためには、従業員が会社を好きになってもらう取り組みが必要です。満足度が高くやる気アップのためのイベントがあれば、離職率が低くなり人材確保で悩まなくなるでしょう。

企業の認知度がアップする

ユニークな福利厚生や働き方の取り組みがある企業は、SNSやメディアなどで拡散されるようになります。話題となれば多くの人に企業が認識されるようになり、人材確保や企業の商品やサービスの売上向上に役立つでしょう。近年は働き方環境の問題で企業イメージが下がれば死活問題となるため、従業員を大切にする取り組みでイメージアップを図るといいでしょう。

働き方改革をする際の注意点

企業が積極的に働き方の改善に取り組むと多数のメリットが得られますが、ユニークさがあるだけで一時的な話題性しかない取り組みは避けましょう。働き方を変える本来の目的は、優秀な人材の確保にあるからです。重要なことは、従業員に求められ・使いやすい取り組みをすることです。

従業員が求める福利厚生を設けること

企業にユニークな制度があっても、従業員に求められないものは意味がありません。新たな福利厚生を設けるときは、幅広い従業員にとって必要であり有益であるものを選んでください。従業員の性別や世代によっても求める要素は異なるため、注意しましょう。

例えば、年齢層が高いなら、介護補助金・医療関連の充実が必要かもしれません。また、宿泊施設やレジャー施設の割引は、従業員の趣味に合わせることが大切です。性別や年齢に関わらず受け入れやすいのは、食事補助や住宅手当などで、誰でも使いやすい制度の導入も検討してみてください。

従業員が利用しやすい制度にすること

ユニークな制度があっても、会社の雰囲気によっては、使いにくくなる場合があります。せっかく設けた福利厚生でも、従業員に使われなければ意味がないでしょう。使われる制度にするなら、制度の名前を思い切って変える方法もおすすめです。硬いイメージの雰囲気から、明るく誰もが興味のあるネーミングにしてみてください。

古い考えを捨て従業員に任せることも必要

本当に求められる制度は、従業員のほうがわかっているでしょう。経営者など上層部の人間だけが集まって制度を考えるのではなく、従業員に一任する対策もあります。従業員が働き方を自由に決めてよい環境では、強制されたわけではないため自主性が高まります。また、経営者が思いつかない意外なアイディアが出てくるかもしれません。

働き方改革と聞くと難しく考えてしまいますが、簡単に説明すると自社らしい取り組みを進めるということです。経営者としては新たな制度を設ける時間も予算もないと考えてしまいますが、遠回りするようでも最終的にはよい結果をもたらすことでしょう。他社にはない思い切った働き方改革を取り入れてみてください。


おすすめの関連記事


カテゴリ別一覧