港区の再開発情報 

港区の再開発情報 

東京の再開発最大規模の港区

東京の再開発プロジェクトは、東京都の特区制度と連動している。2020年の東京オリンピックまでの再開発がひとつのゴールとなるが、再開発の最終目的は、世界中から一流企業と一流の人材を東京へ集結させること。そして東京は、国際的なビジネス街へと生まれ変わる。再開発は、東京オリンピックまでの第一弾と東京オリンピック後の2030年頃まで続く第二弾が予定されている。再開発で最大㎡数を担当する港区では、虎ノ門や赤坂の再開発が進められている。

虎ノ門の再開発

虎ノ門ヒルズ森タワーを囲む様に、新たなタワービルが生まれる。既存の虎ノ門ヒルズ森タワーを含めた、新ビルの建設で誕生する4つのビルは、六本木ヒルズ以上のポテンシャルを持つ。東京全体が、国際的なビジネス都市へと生まれ変われば、外国企業と日本企業の住み分けをも考えているだろう。日本企業は大手町を中心とした、千代田区、中央区に集積。外国企業の集結エリアは港区。そこで、外国の一流企業が集積するビルを特区制度で開発している港区。2020年の東京オリンピックで世界中から注目されるタイミングは、日本のハイスペックビルをプレゼンするチャンスとなる。

虎ノ門の再開発の予定

・東京メトロ日比谷線の新駅・虎ノ門新駅 (20年開業予定)

・虎ノ門ヒルズタワー (19年竣工予定)

・虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー (19年竣工予定)

・虎ノ門ヒルズステーションタワー (22年竣工予定)

赤坂エリアの再開発

アジアNO1のビジネス都市へと生まれ変わる。政治の中心地、永田町と隣接している赤坂は、世界中のVIPを「おもてなし」するホテルの再開発も進められている。

 ・赤坂ガーデンテラス (2016年開業)

・ホテルオークラ本館 (2019年開業予定)

港区のオフィス

東京都の特区に指定されているエリアが多い港区は、世界中から一流企業が集まるアジアの中心となるだろう。そのために、大規模、中規模、小規模の開発が進められる。そんな港区の優良オフィスを探すなら今がチャンス!

東京で理想的なオフィスを探す

人気NO1の注目のオフィスエリアの最新情報を直接調査。豊富な物件情報多数掲載。東京の賃貸オフィス検索サイト。賃貸オフィス、賃貸事務所全物件仲介手数料無料。成約率の高い自社管理物件、今すぐ内見可能。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る