豊島区の賃貸事務所・オフィス⼀覧の物件を探す

豊島区の賃貸事務所・オフィス⼀覧

豊島区は、地震に強いと言わている頑丈な武蔵野台地の上に位置しています。東京屈指の賃貸オフィスエリアです。有名大学が数多く置かれ、立教大学、学習院大学などがあります。また池袋駅周辺では、近年大規模再開発が行われ賃貸オフィスエリアとして注目されています。

検索結果

エリア:豊島区の賃貸事務所・オフィス⼀覧


57件中20件を表示 並び順
1 2 3

区内の駅について

豊島区は池袋をはじめ副都心を形成しているエリアでもあり、交通網の整備も進んでいます。区内には多くの駅がありますが、豊島区内の駅にはJRをはじめ東京メトロ、都営地下鉄、西武鉄道が乗り入れています。主要駅ともいえる池袋駅だけをみても、1日264万人が利用する巨大ターミナルであり、豊島区のビジネスを支えています。副都心としてのオフィスエリアの中心でもあり、多数の賃貸オフィスが運営されている地域です。 池袋駅にはJR東日本の山手線や埼京線をはじめとして、全部で8つの路線が走っています。これだけの路線が基盤を形成しているため、東京都の中でも副都心に恥じない環境を持っています。周辺の賃貸オフィスも種類が豊富で、沿線の近くにさまざまな条件の物件があります。池袋駅のほかにも巣鴨駅や千石駅といった利便性のある駅もあるため、賃貸オフィスを探している際にうってつけです。

駅周辺の情報について

豊島区の中心は池袋に集中しています。鉄道網としても、豊島区の心臓部といえる駅であり、賃貸オフィスを借りる際にも有効な手段です。豊島区は、江戸の郊外にあった農村地帯が元になっています。開発は他の区に対しても遅れ、1903年になってからで、ようやく路線も完成していきました。ここまで恵まれた駅になったのも、池袋まで延ばされた路線が、予算不足によってそれ以上の延伸を中断したためです。偶然も重なりますが、これが賃貸オフィスの発展にとってはプラスになりました。 高層住宅やビルが目立つ一方で、低層住宅地域も多く抱えています。目白は超高級住宅地ですが、他の地域までこうした雰囲気も地価も残るわけではありません。副都心のひとつとして、交通の利便性を生かしながらビジネス展開ができるため、賃貸オフィスとしても人気のエリアです。

市区について

豊島区周辺は、巨大なオフィス街を形成しています。副都心と呼ばれるエリアを持つ区は5つあるとされますが、豊島区は商業を中心として活用されてきました。賃貸オフィスも多彩ですが、利用価値の高さから、さまざまな業種に対応できるだけの種類があります。 豊島区は、大規模店舗も数多くあることで知られているエリアです。売り場面積も新宿区に次ぐ2位であり、超巨大店舗が集まっています。商圏の大きさも他の区を圧倒するほどで、隣県である埼玉西部まで収めるほどの大きさを誇るため、賃貸オフィスを構え事務所として活用しても有効です。 新しい地域に見えても、古い東京の文化も残されています。住宅地も多く、特別な高級住宅地というわけではありません。整備が進みエリアわけも進んでいますが、さまざまな文化を垣間見えるのが豊島区周辺でもあり、活用の仕方次第で他の区以上にメリットを生み出せるでしょう。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る