中野区の賃貸事務所・オフィス⼀覧の物件を探す

中野区の賃貸事務所・オフィス⼀覧

中野区は、地震に強いと言わている武蔵野台地の上にあります。中野区は近年、キリンホールディングスグループの国内最大級のオフィスビルの建設や有名大学の新キャンパスなどが続々と建設されています。中野区の賃貸オフィスをお探しの方は、お問い合わせください。ご希望条件に合う物件探しを当社のアドバイザーがサポート致します。

検索結果

エリア:中野区の賃貸事務所・オフィス⼀覧


2件中2件を表示 並び順

区内の駅について

中野区は、再開発が進む東京都内の中でも、大規模な再開発が行われているエリアです。新たなビジネスエリアとして賃貸オフィスも作られてきました。駅前には、再開発により大きな賃貸オフィスも生まれています。 中野区は交通網が充実していることで知られており、JR東日本をはじめ、西武鉄道、東京メトロ、都営地下鉄など主要路線がそろうエリアです。その中の駅の一つ東中野駅は、新宿から2駅のJR中央総武線と、東京メトロ大江戸線の2線が利用できるため、利便性の高い駅です。鉄道以外にもバスも各社ありますし、首都高速中央環状線も通っていることから、車でも利用しやすい環境です。さまざまな方向からのアクセスに優れているため、賃貸オフィスにもプラスです。 新宿からのアクセスにも優れた立地の中野区は、ビジネスを展開するエリアとして注目を集めています。再開発が進めば、さらに利便性が向上するでしょう。

駅周辺の情報について

中野区周辺は、サブカルチャーで知られるエリアでもあり、商店街もそろい生活を支えてきました。地域密着した展開も多く、古くから残る店舗が多数あるエリアです。中野駅から新宿駅まで約5分、東京駅まででも約19分という立地を生かし、多くの賃貸オフィスが作られてきました。小型の賃貸オフィスがあるエリアで、交通網を生かした機動性を発揮できれば、大きな価値を生み出せます。 再開発も進む中、オフィス街の価値も変わりつつあります。中央線沿線の価値は向上しており、小規模でも新築のオフィスビルが出来ています。既存の物件のリニューアルも進む地域で、さらなる注目を集めるエリアです。中野区に事務所を構えたときにも、これから先の発展をうまく利用できるでしょう。

市区について

中野区は、1932年に成立しました。東京35区の時代に中野区となっています。現在の境界線とは異なる位置にありました。1960年に杉並区との境界を変更したことで、現在の状態になっています。サブカルチャーの発展でも知られていますが、高齢者と若者のバランスが取れている区であり、さまざまな文化も生み出してきました。コンパクトシティを目指しているのが中野区の特徴であり、再開発によって公共交通機関の拡充と利便性の向上を進めています。 オフィスエリアとして知られているのは、中野駅北口などで、再開発とともに賃貸オフィスも増えてきています。飲料メーカーや映画製作など業種を問わず、大企業が本社を置くエリアでもあり、関連した企業であれば賃貸オフィスで事務所を構える価値があるでしょう。大学も多く、産学連携を狙った事業展開にも向いています。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る