江東区の賃貸事務所・オフィス⼀覧の物件を探す

江東区の賃貸事務所・オフィス⼀覧

江東区は、再開発が活発に行われているエリアです。お台場、有明、豊洲エリアなどのウォーターフロントエリアの再開発で東京は国際競争力のある街へと進化しています。そんな江東区賃貸オフィス物件も豊富にあります。

検索結果

エリア:江東区の賃貸事務所・オフィス⼀覧


98件中20件を表示 並び順
1 2 3 5

区内の駅について

江東区は賃貸オフィスの数も豊富なエリアで、大島駅や亀戸駅の周辺には、賃貸オフィスが点在していますす。バブル期以降に急速に開発されたため、他の区のオフィスエリアよりも近代的な部分が目立ちます。臨海副都心があることから、交通網も発達しました。賃貸オフィスを借りるにあたっても、千葉方面からなどのアクセスも良好で、他の副都心とも連携をとりやすいことはメリットになります。 江東区内には、JR東日本をはじめ、都営地下鉄、東京メトロ、ゆりかもめ、東京臨海高速鉄道など鉄道各社が乗り入れており、江東区は利用しやすい環境を形成しています。都営バスをはじめ、京浜急行バス、日の丸自動車興業など複数のバス路線もあり、賃貸オフィスの環境としては申し分のない交通網がそろっています。

駅周辺の情報について

江東区周辺は、埋め立て地が複数あり、それぞれがつながってベイエリアを形成しています。ベイエリアには注目を集めている豊洲エリアもあり、賃貸オフィスも複数建てられました。小規模で使いやすい物件も数多くありますが、50坪から60坪という大型賃貸オフィスも作られています。それでも、都心部よりは安価で利用できるため、人気が高まっています。利用環境としても、交通の利便性は高く、通勤にもプラスになります。 江東区周辺エリアからは銀座も近く、都心へのアクセスが良好な立地です。大きな商店街も抱えており、賃貸オフィスの利用環境としてはメリットが多くあります。新しい雰囲気を持つベイエリアと下町の雰囲気が残るエリアの二面性を生かせれば、オフィスとしての価値が高められるでしょう。

市区について

江東区は、23区東部に位置します。江戸時代初期には、わずかに島があるだけのエリアでした。ここから埋め立てが始まり、深川村が作られ、今の江東区の基礎が出来あがりました。そこからさらに新田開発が進み、砂村新田と呼ばれるエリアが形成されています。埋め立てが進んだことで、周辺には運河が作られていきました。これを利用することで、木材の運搬などが発達し、問屋などが出来あがりにぎわうことになります。これがのちの東京工業地帯の基礎となり、1943年には深川区と城東区が合併し江東区となりました。 臨海副都心と豊洲の再開発を中心として、賃貸オフィスをはじめオフィスエリアも形成されてきました。ビジネス街としても江東区を支え、複合施設なども数多く作られています。今後も多くの施設が建設されるため、賃貸オフィスも利用価値が上がると予想されているエリアです。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る