大田区の賃貸事務所・オフィス一覧の物件を探す

大田区の賃貸事務所・オフィス一覧

大田区は、大森区と蒲田区が1947年に合併することで誕生しました。二つの区の名前をとって大田区としており、工業地帯と高級住宅地の二面性を持ちます。賃貸オフィスも工業系なら特に使いやすい環境です。高級住宅地として知られる田園調布は、日本資本主義の父として知られる渋沢栄一らが計画的に開発した地域です。1918年のことで、まだ大正時代半ばです。放射状、環状に広がる道路を持ち、上下水道を完備させることで、一大高級住宅地を展開しました。 モノづくりのまちとして大田区は知られていますが、交通インフラも充実しているため利用しやすい環境です。その要因のひとつは、羽田空港にあります。大田区が抱える重要拠点であり、賃貸オフィスを利用する場合にも大きなポイントです。国内最大の空港であり、区の発展のカギを握っています。海上化が進められてきており、陸上部分は返還されることが決まっています。この土地の利用が進むことで、さらに大きな発展を遂げるでしょう。

検索結果

エリア:大田区の賃貸事務所・オフィス一覧


163件中20件を表示 並び順
1 2 3 9

区内の駅について

大田区は、鉄道路線が発達した地域で、中心となるのが蒲田駅です。JR東日本京浜東北線、京浜急行電鉄、東京急行電鉄、東京モノレール、都営地下鉄と多くの会社が乗り入れているエリアです。羽田空港国際ターミナル駅にもつながる路線があることから、航空機も利用できます。賃貸オフィスを大田区に構えれば、日本の各地に対応できることになり、大きなメリットとなります。都営浅草線のように埼玉方面と親和性の高い路線もあるので、賃貸オフィスを借りても通勤の足に困りません。バスもいろいろとあり、国道1号線、15号線など主要国道も通っています。特に羽田空港を抱えているため、バスターミナルとしての機能が充実しており、首都高も利用できるためビジネスも各地に広げていけるのが大田区の交通の特徴です。

駅周辺の情報について

大田区周辺は、モノ作りをしている中小企業が集まる工場群が有名です。これは大田区が持つひとつの顔であり、すべてを表しているわけではありません。例えば田園調布も大田区であり、高級住宅地という二面性も持っています。オフィス街というよりも工業地帯のカラーが強い大田区では、業種が関係する企業にとっては賃貸オフィスは使い勝手が良いでしょう。大規模工場も建てられてきており、賃貸オフィスを構えれば取引もしやすくなります。 特徴的なのは、交通インフラの充実です。他の区と比較しても突出しており、企業活動も支えています。駅前など主要ポイントの周辺には飲食店などもあり、賃貸オフィスで事務所を構えても、便利で過ごしやすい環境が待っています。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る