勝どき駅の物件を探す

勝どき駅

勝どき駅は、東京都中央区勝どきにある駅。勝どき駅は、2000年の開業した駅で、駅の開業と同時に大規模な再開発計画が進められ、賃貸オフィスや高層タワーマンションの開発が急ピッチに進められているエリア。大江戸線で新宿と六本木に直接アクセスできる勝どきエリアは、東京の人気駅ランキングでも急上昇中。都心の港区虎ノ門、新橋にも直接アクセスできる、新交通の開発計画も進行中。銀座や東銀座にも近く、隣の築地市場後の再開発と晴海埠頭に建設予定の東京オリンピックの選手村の開発で大きく変わることが予想されている。

検索結果

エリア:勝どき駅


6件中6件を表示 並び順

最寄り駅について

勝どき駅は、都営地下鉄大江戸線が乗り入れている駅で、中央区では最も南に位置しています。「どき」の字が常用漢字に含まれていないため、平仮名表記になっています。歴史の新しい駅で、2000年に勝どき駅は開業しました。1日10万人以上が利用する駅であり、あまりに混雑するために、大規模改良工事をしています。ホームを増設して、2019年から使われ始めましたが、変則的な構造に変わりました。 大江戸線は、環状部分を持つ路線です。利用者が増加している路線で、耐震性が高く設計されているため、救助作業の際には重要な役割を持ちます。 勝どき駅周辺は、住宅設備だけではなく、賃貸オフィスも相次いで建築されたエリアです。大規模開発によって使い勝手の良い環境となり、利用者も増えています。賃貸オフィスを借りても、便利なエリアになるでしょう。

駅周辺の情報について

勝どき駅周辺には、賃貸オフィスもいろいろな物件があります。大規模な再開発を続けているため、住宅用の高層ビルなどが相次いで建てられていますが、賃貸オフィスも数多く利用しやすいのが勝どき駅周辺です。新宿と六本木に直接つながる大江戸線の利便性もあり、賃貸オフィスも使いやすい環境にあります。 月島地域とも呼ばれる勝どき駅周辺は、賃貸オフィスを借りても、食事などに困ることもないエリアです。築地にも抜けることができる位置で、再開発も進みさまざまな店舗が出来あがっています。一般的に必要なものも手に入れやすくなり、利用価値はどんどんと向上しているエリアです。さらに開発が進んでいくことが決まっており、周辺を含めた利便性はこれから益々向上すると注目されています。

市区について

勝どき駅は、中央区勝どき二丁目にあります。勝どきの平仮名部分は住所でも同じように使われており、駅名と変わりません。中央区の中でも南側に位置し、ベイエリアと呼ばれます。この一帯は陸地ではなく、明治から大正にかけて埋め立てが進み造成されたエリアです。正方形のかたちをしており、賃貸オフィスもあるオフィス街も形成されました。 中央区は、東京都内の中でも小さな面積しか持ちません。台東区が一番小さく、次に中央区が続きます。非常に小さな範囲ではありますが、多くの人が利用しているのは、昼夜人口格差が非常に大きいことからも判断できます。人口は16万人程度なのにもかかわらず、昼間は60万人もの人が利用しています。それだけの交通網も整備されているからこそ、賃貸オフィスも使い勝手に優れます。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る