汐留駅の物件を探す

汐留駅

 汐留エリアは、近年再開発で誕生した高層ビルが林立する強大複合都市エリアです。汐留シオサイトとして知られています。都内屈指のターミナル駅、新橋駅の隣なため新橋駅から徒歩圏内という好立地な街で大企業の賃貸オフィスが集結しているエリアでもあります。都営大江戸線と東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)が乗り入れています。

検索結果

エリア:汐留駅


39件中20件を表示 並び順
1 2

最寄り駅について

汐留駅は、都営地下鉄大江戸線とゆりかもめが乗り入れている駅です。まだまだ新しい駅で1995年にゆりかもめが開業したのに合わせて作られました。完成はしていましたが、周辺の再開発が終わっておらず、汐留駅を使うための道路整備が間に合っていないことから開業は延期されています。2000年に大江戸線の開通しましたが、やはり再開発が終わっておらず見送られます。2002年になって再開発落ち着き始め、ゆりかもめと大江戸線の駅として開業した経緯があります。多くの企業の本社が集まるエリアでもあり、賃貸オフィスも増えました。 1日6万人以上が乗降する駅となり、多くの人が通勤に使う駅になりました。湾岸エリアの重要路線であるゆりかもめは、正式名称をゆりかもめ東京臨海新交通臨海線という名称です。新橋から豊洲までつながる路線で、湾岸エリアをつなぐ重要路線となりました。乗客数の多い路線として知られており、賃貸オフィスを利用するときも、湾岸エリアの交通網として便利です。

駅周辺の情報について

汐留駅周辺は、再開発により大幅に変わったエリアです。賃貸オフィスも急激に作られましたが、120坪以上の大きな物件まであります。50坪クラスの中規模物件も多く、レイアウトに余裕を持って事務所の設計ができる賃貸オフィスを見つけられるでしょう。人気の高いエリアであり、駅から徒歩数分の範囲に集中しています。15坪程度の小さな物件もあるため、個人事業主で汐留駅の利便性を利用することもできます。 汐留駅周辺は、多くの店舗も集まりました。住宅地としてのエリアではなく、オフィスやビジネスのためのエリアとして、はっきりと目的をもった再開発したことが、利便性につながっています。飲食店もオフィスを対象とした店舗が多いため、賃貸オフィスを借りても便利です。

市区について

汐留駅は、東京都港区東新橋一丁目にあります。汐留エリアは、もともと湿地帯が広がっていた場所で、埋め立てして作られました。武家屋敷が建てられていましたが、明治に入り接収されたことで変わります。もともと貨物のターミナル駅として使われていましたが、運送方法が時代とともに変化したことで、再開発の対象となりました。大規模な都市開発地域としてターゲットになり、超高層オフィスビルが立ち並ぶことになります。賃貸オフィスも多数あるエリアと変わり、巨大オフィスエリアになりました。 賃貸オフィスも多い港区は、都心3区とも呼ばれています。企業の本社も多数集まっており、商業エリアも抱える区です。大使館なども多数あるため、人が多いわりに治安の良いエリアのため、賃貸オフィスを構えるのにも適しています。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る