六本木一丁目駅の物件を探す

六本木一丁目駅

六本木一丁目駅は東京都港区六本木にある駅です。東京メトロ南北線が乗り入れています。駅周辺には賃貸オフィスやANAインターコンチネンタルホテル東京やホテルヴィラフォンテーヌ六本木やホテルオークラ東京などの高級ホテルや日本屈指の超高層オフィスビル六本木ティーキューブや泉ガーデンタワーやアークヒルズなど立地しています。虎ノ門や六本木は森トラスト・ホールディングスの拠点地でもあり、六本木一丁目のアークヒルズは森トラストが開発した最初の大規模ビルです。六本木一丁目のアークヒルズの開発以後。森トラストは東京の大規模ビルの開発で有名な企業になりました。現在、東京ワールドゲート虎ノ門トラストタワー2020年竣工予定や(仮称)赤坂二丁目プロジェクト2022年竣工予定などの最先端のハイスペック超高層複合ビルの開発を進めています。

検索結果

エリア:六本木一丁目駅


9件中9件を表示 並び順

最寄り駅について

六本木一丁目駅は、東京メトロ南北線の駅で、2000年に完成しました。今の名称とは違い、仮名称が東六本木駅だったこととわかるように、六本木の中でも東側にあります。1日8万人もの人が利用する駅ですが、改札内には売店も待合室もなく、トイレは地下2階になっているのが六本木一丁目駅の特徴です。目黒駅から赤羽岩淵駅を結んでいる南北線は、計画自体は古くからあったものの、全面開通して開業したのは2000年とかなり遅れた路線です。 南北線は、さまざまなオフィス街も抜けていく路線ですが、電車の本数が多いので知られています。賃貸オフィスを借りたときでも、朝の電車本数が多いため、座って通勤できるほどの数がある路線です。混雑率も150%程度であり、新聞は読める程度の混雑でおさまっています。六本木一丁目駅の周りでも、賃貸オフィスを有効に活用できるでしょう。

駅周辺の情報について

六本木一丁目駅周辺では、賃貸オフィスもいろいろとあります。高級ホテルや有名超高層オフィスビルもあり、多くの企業が集まっているエリアです。圧倒されるほどのビル群であり、非常に大規模なビルが目立ちます。再開発が進んでおり、さらに大型のオフィスビルが立ちあがっていきます。 賃貸オフィスを六本木一丁目駅で探してみると、小さなオフィスに向いているマンションタイプの物件がいくつもあります。小さくても、優れた立地条件の中にあるため、使い勝手に優れる物件です。小さなものだけではなく、400坪といった大企業でも十分オフィスに活用できる賃貸オフィスもあります。六本木でこれだけの物件を見つけられると、六本木一丁目駅の利便性を生かし、高い機動性を発揮できるオフィスになるでしょう。

市区について

六本木一丁目駅は、東京都港区六本木一丁目にあります。港区の中でも商業エリアと呼ばれる一帯で、賃貸オフィスも数多くありますが、飲食店やショップなどが多いのが特徴です。賃貸オフィスも数多く、1階はテナントで、上層階がオフィスになっているところも目立ちます。繁華街としての性格も持っていますが、バブルのころのような雰囲気はなくなりました。それでも、夜は通りの表情も変わるエリアです。港区の中でもとびぬけた多面性を持っており、駐日大使館も六本木にあることから外国の方も多く見かけます。 港区は、江戸時代から続いている高級住宅地でもあります。江戸時代は、現在の港区周辺に多くの藩邸がありました。屋敷を建てるために土地を与えていったため、この周辺に固まって建てられたのが、現在の高級住宅地につながっています。明治に入り、華族が買取り、恒久住宅へと変貌を遂げたからです。オフィス街のもとになった部分も江戸時代から続いているものも多く、歴史の長いエリアともいえるでしょう。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る