神楽坂駅の物件を探す

神楽坂駅

東京都新宿区矢来町にあるのが神楽坂です。東京メトロ東西線の駅で、ひっそりと駅舎が立っています。東京メトロの駅としてそこまで古いものではなく、昭和39年に開業しました。賃貸オフィスもいろいろとありビジネスマンも多く使う駅でしたが、南側に大江戸線の牛込神楽坂駅ができたことで、一部の人が利用方法を変えたことで、利用者が減少した時期があります。それでも、また増えてきており、1日平均2万人もの人が乗り降りしている駅です。 神楽坂駅周辺は、パリに雰囲気が似ているとされています。東京の小さなパリと呼ばれることもありますが、いまだに残る江戸情緒あふれる風景が融合している姿です。東京駅をはじめ、渋谷や新宿、池袋など都心へのアクセスもいいことから、通勤通学にも適しています。都心だけではなく、浦安方面へも乗り換えなしで行けることも立地としてみると、賃貸オフィスを借りるうえでも大きな価値がある駅です。

検索結果

エリア:神楽坂駅


7件中7件を表示 並び順

駅周辺の情報について

神楽坂駅は坂の街とも呼ばれます。東京は平たんのようでさまざまな坂があり、起伏にとんだ地形をしています。古い街並みも多く三味線の音色も聞こえるのは、ビジネスに使われることも多い料亭があるからです。賃貸オフィスとしてみると、決して多い地域ではありませんが、飯田橋方面であれば、徒歩でもいける範囲に物件が目立ちます。 おしゃれでスリムな物件も目立つ地域で、オフィスビルに見えにくい部分を持ちます。リニューアルしている物件も多く、賃貸オフィスとして現代にマッチした物件が数多くあるのも神楽坂駅周辺の特徴です。平米数の大きな賃貸オフィスは少ないもののコンパクトな事務所スペースを取りやすい物件が複数あります。比較的リーズナブルな価格帯で収められることは、個人事業主などにとってはメリットになるでしょう。

市区について

神楽坂駅は新宿区の中でも中心部に位置しています。単独町名として、何丁目といった設定がありません。由来となった神楽坂は、早稲田通りにある大久保通交差点から外堀通り交差点までの坂道で、裏路地を含めて神楽坂と呼びます。江戸時代には呼び名がついていたことがわかっており、かなり古い地名です。明神様が移転するにあたり御神輿を坂の上にあげようとしたところ、重さに耐えきれずにどうしても上がれなかったのが、神楽を演奏したところ上がれてしまったことから付いたといわれています。 関東大震災以降変化し、承認が流入したことが、山の手銀座とまで言われ、今のかたちになったといわれています。賃貸オフィスも増えたことで、昔からの情緒は失われてきていますが、一歩入れば静かな地域で賃貸オフィスにもぴったりです。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る