武蔵小山駅の物件を探す

武蔵小山駅

武蔵小山駅は、東京急行電鉄目黒線の駅として使われています。隣接している目黒駅は、ハブステーションとしての役割を持つため、新宿や品川でもアクセスしやすい環境です。賃貸オフィスを利用するときにも、便利な路線です。横浜方面に出る場合にも、乗換1回で済むため、賃貸オフィスを活用しやすい立地条件となるでしょう。 武蔵小山駅は、1923年に小山駅として開業しました。武蔵小山駅になるのは、翌年の1924年です。さらにその翌年には鉄筋コンクリート造の駅舎になるなど、目まぐるしく変わっていきます。現在のかたちになったのは、2000年のことで、目蒲線が目黒線と東急多摩川線に分割されたときのことで、武蔵小山駅は目黒線の駅となりました。2006年には地上駅から地下駅に移設されています。1日5万人余りが乗降している駅で、目黒線の中では3番目に多くの人が利用しています。

検索結果

エリア:武蔵小山駅


0件中0件を表示 並び順
    該当なし

駅周辺の情報について

武蔵小山駅周辺は、再開発が進んできている地域です。賃貸オフィスも建てられており、ビジネスでも利用しやすくなってきました。住環境としても優れているため人気の高い武蔵小山ですが、これまで区画整理されてこなかった北側も手が入るようになり、賃貸オフィスにもメリットが出てきています。 武蔵小山駅周辺には、商店街が5つ存在し、非常に長いアーケードを持つところもあるほどです。店舗の数も極端に多く、利用しやすい環境がそろっています。飲食店も多く建てられているため、事務所を構えたときに普段からの利用にメリットが出てくるでしょう。

市区について

武蔵小山駅は、東京都品川区小山三丁目に作られました。江戸時代は雑木林が映えているようなところでしたが、用水が通されたことで人が集まりはじめ様相が変わった地域です。名刹があったことで、品川から分岐して人が通るようになりさらに賑わいを見せました。 田園調布の都市開発の波を受け、急速に開発が進んでいきます。関東大震災ののちに武蔵小山と呼ばれるようになり、人口も急激に増加しました。戦後開発されたため、区画整理がしっかりしており、碁盤の目になっているところも賃貸オフィスを借りるうえでわかりやすい配置です。 品川区は、長い歴史を持つ一帯で、南部に位置しています。旧区名がそのまま使われた唯一の区であるところも歴史を感じさせるポイントです。広範囲に営業範囲を伸ばしたい場合には、賃貸オフィスを利用する絶好の条件になります。将来的な部分でも、賃貸オフィスを利用すると大きなメリットを生み出すでしょう。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る