茗荷谷駅の物件を探す

茗荷谷駅

茗荷谷駅は、帝都高速度交通営団丸の内線の駅として1954年に開業しました。現在の東京メトロですが、駅ビルが賃貸オフィスとして活用できるところが特徴です。営団地下鉄では8番目となりましたが、駅舎全体が賃貸オフィスの入っているオフィスビルになっています。かなり珍しい構造を持つのが茗荷谷駅で、半地下半地上のスタイルを持つ駅です。 茗荷谷の名前は、ミョウガが群生していた谷合という意味があります。大学などの施設が多い地域で1日8万人近くが乗降しますが、ビジネスマンも多数使っている駅です。丸の内線が単独で乗り入れている駅としては、二番目の多さです。それだけ丸の内線は通勤路線として使いやすく、利用価値の高い路線です。バス路線もそろっており、文京区のコミュニティバスも使えるので賃貸オフィスを構えるにあたって便利なエリアです。

検索結果

エリア:茗荷谷駅


2件中2件を表示 並び順

駅周辺の情報について

茗荷谷駅周辺は、オフィスエリアとして注目されるようになりました。オフィス街としての大きさはありませんが、賃貸オフィスもあり、ビジネスに活用されるようになったからです。100坪を越える物件もあり、大きな企業でも利用できます。茗荷谷駅周辺では駅から徒歩圏内でも物件を見つけられます。 駅の近くには交番が設置されており、文京区自体も犯罪件数が少ないことで知られています。賃貸オフィスを借りる場合でも、心配せずに使うことができる条件の一つです。警備もしっかりしているのは、多くの学校があるからです。女性社員を抱える企業では押さえておきたいポイントになるでしょう。周囲に繁華街などはありません。

市区について

茗荷谷駅は、教育の区ともいわれる東京都文京区小日向4丁目にある駅です。茗荷谷駅の近くには、筑波大付属小学校やお茶の水女子大など複数の教育機関があります。文京区の特徴的部分で、学問のエリアの中に賃貸オフィスがあります。 面積の小さな区ですが、新築マンションなどが多く作られています。再開発が進んでおり、商業地が少なく、公園や学校を除けばほとんどが住宅地です。人口の減少が続いた時期がありましたが、現在は住宅地を多く持つ区として、少しずつ増加してきています。 文化人を多数生み出したのも文京区の特徴です。文壇会に名前を残す著名人が、多くの名作を生み出していきました。出版社が増えていったのと同様に、多くの作品が生まれたのがこの土地です。特殊な環境ともいえますが、それだけ特化した産業が集まる地域に賃貸オフィスを構えることで、特徴や利便性を活用することも可能です。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る