稲荷町駅の物件を探す

稲荷町駅

稲荷町駅は賃貸オフィスが多いです。賃貸オフィスも多いのは、銀座線の有効性があるためです。キャッチコピーとして名づけられた東洋一の地下鉄道という名称に負けず、都心の繁華街はほぼ網羅する路線です。稲荷駅に近い上野・浅草だけではなく、日本橋や銀座、新橋、赤坂、渋谷と賃貸オフィスも数多いエリアを通り抜けます。都内で不便を感じることなく使える路線として、稲荷町駅からでも銀座線は有効に作用するでしょう。 稲荷町駅は東京メトロ銀座線の駅として1927年に開業しました。東京地下鉄道上野・浅草間が開通したのに合わせて開業しています。東京メトロとなったのが2004年のことで、地下駅として作られましたが、連絡通路には改札がありません。地上への連絡としてエレベーターが2番線だけ取り付けられています。1日17,000人が利用している駅で、銀座線の中では最小です。

検索結果

エリア:稲荷町駅


1件中1件を表示 並び順

駅周辺の情報について

稲荷町駅周辺は、賃貸オフィスもいろいろと見つけられる地域です。他の副都心とは異なり、賃料も抑えながら、大きな賃貸オフィスも借りられます。中規模クラスの物件もあり、活用の幅の大きな賃貸オフィスがあるのが特徴です。30坪クラスになると、会社の規模もいろいろと対応できます。個人事業主では大きすぎることもありますが、荷物の管理を必要とする事業であればぴったりでしょう。 稲荷町駅周辺は、下町が広がる古いエリアです。飲食店もいろいろとあり、いつでも食事がとれる環境です。台東区の中でも犯罪発生率が低く、夜でも安心して移動できます。長く住み続けている人も多いため、下町情緒を感じながら、オフィスを構えることができるでしょう。

市区について

稲荷町駅は、東京都台東区上野三丁目にある駅で、稲荷町という名称ではありません。旧下谷区の一部として稲荷町の名称が使われてきましたが、浅草区と合併して台東区となった段階で消滅しています。オフィスエリアとしても活用されてきましたが、住宅環境としても台東区として重要な位置づけです。自然環境も残されており、東京都としてもかなりレアなエリアとして知られています。自然環境破壊も少なく、エコを目指す企業の拠点としても賃貸オフィスが有効になるでしょう。 台東区は、東京の下町文化の発信地点となっています。隅田川花火大会など長く続く伝統的なイベントも数多くおこなわれており、東京の古き姿も垣間見れるエリアです。その中に賃貸オフィスもあるのが台東区で、事務所を置いても素晴らしい環境を利用できます。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る