清澄白河駅の物件を探す

清澄白河駅

清澄白河駅は、都営地下鉄大江戸線と東京メトロの半蔵門線の駅で、それぞれの接続駅として使われています。東京駅まで17分という立地のため賃貸オフィスにはぴったりです。2000年に大江戸線の開業に合わせて清澄白河駅も開業しました。2003年に半蔵門線の延伸で駅が開業し、乗換駅として利用がスタートしています。1日10万に近くの人が乗降する駅で、当初の予想をはるかに上回る数値を示しました。それでも半蔵門線としては、もっとも利用者が少ない駅です。 江戸城の城門のひとつから名前を取った半蔵門線は、渋谷から押上までを通る路線として使われています。通勤路線としても活用されていますが、東武伊勢崎線との接続など、多方面からの利便性の高さも重要です。賃貸オフィスを利用する場合にも、埼玉県などからの通勤に対応できる路線となります。幅広い活動を考える場合にも、半蔵門線沿線の賃貸オフィスは使い勝手に優れた物件になるでしょう。

検索結果

エリア:清澄白河駅


0件中0件を表示 並び順
    該当なし

駅周辺の情報について

清澄白河駅周辺には、高層マンションが多数建設されています。バス路線も多数あり交通の利便性が高いことから、オフィス街としても栄えており、賃貸オフィスもたくさんあるエリアです。 近くには、東京都の指定名勝である清澄庭園があります。小名木川が流れていることから江戸時代には物流の拠点として栄えており、その名残から今も企業の倉庫が立ち並ぶ倉庫街として当時の面影を残しています。東京都現代美術館をはじめとしたギャラリーなどのアート施設も多く、芸術の街としても知られています。そのような街の雰囲気に合わせるように近年はカフェやコーヒー店も増えてきており、それを目当てに訪れる若者も少なくありません。 清澄白河は犯罪発生率も少なく治安のよい場所です。閑静な住宅地として利用されてる地域もあり、賃貸オフィスを借りても静かな環境で仕事ができるでしょう。

市区について

清澄白河駅は、東京都江東区白河一丁目に作られました。江東区の深川地域の北西にあり、東京メトロの駅として清澄白河駅が開業したことで、急速に注目を集めるようになったエリアです。清澄白河では超高層マンションなどの再開発が急速に進められており、これまでとは違った風景が作り出されてきました。 深川区があった土地で、行政の中心として利用されてきました。江戸時代の老中松平定信の墓所があったためですが、白川藩出身だったことから白河と呼ばれるようになりました。 住宅地と工業地として利用されてきた江東区は、遊興地域も含めて発展を遂げてきたエリアで、賃貸オフィスも多く見受けられます。自社の条件と立地がマッチする賃貸オフィスを見つけられると、江東区の利便性を生かせるでしょう。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る