豊洲駅の物件を探す

豊洲駅

豊洲駅は、東京都江東区豊洲にある東京メトロの駅。東京メトロとゆりかもめが乗り入れている。豊洲エリアは、賃貸オフィスや高級指向の家族向けの高層マンション街として知られている。豊洲駅周辺は、高層マンションの他にららぽーと豊洲などの商業施設の人気が好調。東京都は、水路を第3の公共交通とする構想がある。東京湾に面した豊洲エリアと晴海エリアの今後の再開発が注目となっている。

検索結果

エリア:豊洲駅


0件中0件を表示 並び順
    該当なし

最寄り駅について

豊洲駅は、東京メトロ有楽町線とゆりかもめの駅として使われています。1988年に有楽町線の駅として開業していますが、当時はまだ帝都高速度交通営団でした。営団地下鉄民営化によって、豊洲駅も東京メトロに変わっています。2006年にはゆりかもめも延伸されて終着駅となり、東京メトロとの乗換駅となったことで、使い勝手に優れる駅になりました。 1日24万人近くの人が乗り降りしている駅であり、賃貸オフィスを借りる場合にも大事な路線になります。豊洲市場がオープンしたことによって、さらに増加することが予想されているため、賃貸オフィスの利便性も向上するのは間違いありません。 有楽町線は、埼玉県の和光市駅から新木場までをつなぐ鉄道路線です。有楽町を通ることで名づけられていますが、東京地下鉄の中で23区街にまで到達しているのは、東西線と2つしかありません。県外からの移動にも活用できる路線として賃貸オフィスにもメリットのある地下鉄です。

駅周辺の情報について

豊洲駅周辺は、もともと工業地帯でした。再開発が進み、大規模な変更によってこれまでとは大きく変わっています。高級志向の高層マンションが立ち並ぶエリアとなり、商業施設も大量に建設されました。賃貸オフィスも作られており、豊洲の利便性を活用できるのがポイントです。都心にも近いエリアのわりに開発が遅れており、地価が低かったことが再開発によって大きく様変わりした要因です。 賃貸オフィスもありますが、豊洲駅周辺エリアは商業施設が集中して建築されたことで、便利な一帯に変わりました。日本で初めてのセブンイレブンなどもあり、買い物に困るところもありません。ホームセンターなどもあるため、必要なものをそろえやすいエリアです。

市区について

豊洲駅は、東京都江東区豊洲に作られています。江戸時代から造成が始まり埋め立てられて作られてきた地域で、豊洲周辺は臨海副都心とも呼ばれています。東京都が指定した副都心は複数ありますが7番目に指定されました。有明、駄馬、青海、東八潮を範囲に収めますが、複数の区にまたがっています。レインボータウンと呼ばれることもあります。 バブル期に発展を見せましたが、景気の後退によりさまざまな計画が中断する中、開発だけは継続されました。賃貸オフィスも増えるビジネスエリアとしての機能を持ちますが、まだまだ開発も続いており、さらに使い勝手も向上すると考えられています。開発の規模も東京都内最大であり、ビジネスとしても大きなチャンスが生まれる可能性のある一帯です。賃貸オフィスもこれからの発展を見越せば、大きな選択となるでしょう。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る