両国駅の物件を探す

両国駅

両国駅は、東京墨田区横綱一丁目にある駅。両国駅周辺の賃貸オフィスは、坪単価が低いため、中小企業のオフィス街として人気が高い。JR総武線と都営大江戸線が乗り入れている。墨田区に本社を置く有名大企業も多く、アサヒビールのアサヒグループホールディングス株式会社、洗剤メーカーのライオン株式会社、スカイツリータウンと東武鉄道の東武鉄道株式会社などの有名大企業も本社を置いている人気のオフィスエリア。両国エリアは、千葉県、埼玉県、茨城県、東京都に広がる住宅地(巨大な経済兼)にアクセスしやすい立地なため、一般消者向け商品やサービスを展開する企業に最適なエリアです。

検索結果

エリア:両国駅


0件中0件を表示 並び順
    該当なし

最寄り駅について

両国駅は、JR東日本中央・総武線と都営地下鉄大江戸線の駅で、墨田区の中でももっとも西にあります。1904年に創部鉄道のターミナル駅として開業しましたが、両国橋駅という名称でした。関東大震災で駅舎は喪失したものの1929年に新駅舎の使用を開始しています。関東の駅百選にも選ばれていますが、2016年に旧駅舎を改装しました。両国橋がすぐそばにあったことからも駅名として名づけられています。駅の構造は高架下にあり、過去にはターミナル駅として利用されてきた名残も残っている駅です。 新宿方面へも乗り換えなしで行ける総武線は、利便性の向上に寄与している交通網です。賃貸オフィスを利用する場合にも、総武線があるおかげで通勤に便利です。大江戸線もまだ新しい路線ながら、賃貸オフィスにはプラスになるでしょう。 両路線を合わせ、7万人近くの人が乗り降りしていきます。開業時の見込みをはるかに超える数字を記録するほどのエリアです。

駅周辺の情報について

両国駅の周辺には、周辺の最大の特徴として治安の良さが挙げられます。観光地として有名なエリアであり、区の取り組みとしてパトロールも毎日行われていますので安全面は確かです。賃貸オフィスを借りるうえでは物件自体のセキュリティも重要ですが、周辺の安全性もポイントとなります。両国駅周辺には、有名なアルコール飲料の会社など大手企業の本社もあり、オフィスエリアとして利用されています。ビジネス的に利便性が高いエリアであることから賃貸オフィスもたくさんあります。両国にオフィスを構える会社の多くが消費財に関連する企業であるところも注目すべきポイントです。賃貸オフィスを検討しているのであれば、周辺に関連している企業があることは、大きなメリットを生み出すでしょう。

市区について

両国駅は、東京都墨田区横網一丁目にあります。横網は墨田区でも南西部になるエリアです。大相撲が行われる施設が有名ですが、江戸東京博物館があるため、両国駅の副駅名としても使われています。イベントや観光として使われることも多いエリアですが、駅前周辺には賃貸オフィスも利用されている地域です。通信事業の大手企業など大企業のビルもあり、賃貸オフィスとしても利用価値が高いといえます。 墨田区は、東京都の特別区でも北東寄りで世界一の高さを誇る電波塔を抱える区です。観光都市として世界一を目指していることでも知られています。水の郷百選にも選ばれるように、隅田川と荒川、那珂川にはさまれた地域です。工場地帯として開発されてきましたが、撤退した跡地にマンションが建てられるなど、近年は人口を大きく増やしている区となり、オフィスを構えるエリアとしても人気が高まっています。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る