大手町駅の再開発情報

大手町駅の再開発情報

大手町の歴史

大手町は、江戸時代、江戸城を支えていた大名や旗本の武家屋敷があった。明治に入り新政府の成立にともない政府機関がその場所を引き継ぎ、戦後は、民間に払い下げとなり、金融機関など、やがて、今日の国の中心となる企業の本社が設置された。その大手町が、再開発で進化をはじめている。

大手町の再開発予定

・大手町2丁目地区再開発 [大手町C-2] 2018年の完成予定
大手町の国際的なビジネスセンターとしての機能を強化する目的で、東京国際郵便局ビルの跡地に地上35階建と32階建の2つのビルを建設中。
・常盤橋街区再拝発プロジェクト [大手町3-C]2027年完成予定
地上61階建の日本一のビルを建設予定。
・八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 [東京駅八重洲口]2021年完成予定
地上45階建の複合ビル、ホテル、オフィス、学校、バスターミナルとなる予定。

最新鋭のオフィスビルが立ち並ぶ大手町

東京オリンピックを通過点とした、東京の再開発計画は、東京都が特区制度を設置し、国際的なビジネス都市をつくるコンセプトの基、着実に計画が進められている。日本の建設技術は世界一の評判もある。先端技術の分野でも世界トップレベルの日本。その日本が誇る高い建築技術とハイテク技術を駆使して建設が進められている、最新鋭のオフィスビルの完成後の東京は、グローバル都市となり世界中から企業と人材が集まり、東京は国際適なビジネス街となるだろう。元々、大手町の土地の歴史は、徳川時代の旗本の武家屋敷が立ち並んでいた場所で、その頃から、国の中枢を支える役目を持ち機関がこの場所に集まっている。

大丸有エリア

大手町、八重洲、有楽町には、日本のトップ企業が集結している。また、フォーチューン500に掲載している。世界トップクラスの企業19社が、このエリアに集結している。成田空港までは、約54分。羽田には、約24分。ビルの約60%が築30年以内、その中で、建設中も含め、約25%が築10年以内に建設されたビルが占めている。災害時に帰宅困難者を受け入れる協定を千代田区と集結した施設は、19箇所。2016年の就業人口は23万人。※データの参考資料一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会

東京で理想的なオフィスを探す

人気NO1の注目のオフィスエリアの最新情報を直接調査。豊富な物件情報多数掲載。東京の賃貸オフィス検索サイト。賃貸オフィス、賃貸事務所全物件仲介手数料無料。成約率の高い自社管理物件、今すぐ内見可能。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る