東京の再開発情報

東京の再開発情報

水上リムジンタクシーで浜松町が変わる

江戸時代は、水の都だった東京。江戸は、水上の輸送に適した海と川の接点につくられた都だった。浜松町再開発プロジェクトの斬新なアイディアは、リムジン水上バスや水上タクシーを東京の新たな公共交通機関とする計画を取り入れたプロジェクト。水上リムジンバスや水上タクシーは、道路渋滞に巻き込まれることがないため、スムーズな移動手段になる。浜松町再開発の中心は、東芝が入居している浜松町ビルディングを建替えだが、他にも大型ビルディングの再開発が既に着工されており、再開発後の浜松町は、水上タクシーと鉄道と道路の公共交通を持つ、国際的なビジネス拠点となる。

大手町の再開発

大手町は、江戸時代、江戸城を支えていた大名や旗本の武家屋敷があった。明治に入り新政府の成立にともない政府機関がその場所を引き継ぎ、戦後は、民間に払い下げとなり、金融機関など、やがて、今日の国の中心となる企業の本社が設置された。その大手町が、再開発で進化をはじめている。

・大手町2丁目地区再開発 [大手町C-2] 2018年の完成予定
大手町の国際的なビジネスセンターとしての機能を強化する目的で、東京国際郵便局ビルの跡地に地上35階建と32階建の2つのビルを建設中。
・常盤橋街区再拝発プロジェクト [大手町3-C]2027年完成予定
地上61階建の日本一のビルを建設予定。
・八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 [東京駅八重洲口]2021年完成予定
地上45階建の複合ビル、ホテル、オフィス、学校、バスターミナルとなる予定。

虎ノ門の再開発

虎ノ門ヒルズ森タワーを囲む様に、新たなタワービルが生まれる。既存の虎ノ門ヒルズ森タワーを含めた、新ビルの建設で誕生する4つのビルは、六本木ヒルズ以上のポテンシャルを持つ。東京全体が、国際的なビジネス都市へと生まれ変われば、外国企業と日本企業の住み分けをも考えているだろう。日本企業は大手町を中心とした、千代田区、中央区に集積。外国企業の集結エリアは港区。そこで、外国の一流企業が集積するビルを特区制度で開発している港区。2020年の東京オリンピックで世界中から注目されるタイミングは、日本のハイスペックビルをプレゼンするチャンスとなる。

港区の再開発

・東京メトロ日比谷線の新駅・虎ノ門新駅 (20年開業予定)

・虎ノ門ヒルズタワー (19年竣工予定)

・虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー (19年竣工予定)

・虎ノ門ヒルズステーションタワー (22年竣工予定)

・赤坂ガーデンテラス (2016年開業)

・ホテルオークラ本館 (2019年開業予定)

渋谷の再開発

再開発後の渋谷は、国際的なビジネス街へと進化するだろう。世界中から優良企業が集まり、グローバル都市へと変貌するだろう。世界都市ランキング現在3位の東京。2020年の東京オリンピックに向け、世界が憧れる街へ変貌が始まっている。そんな東京でオフィスを探すなら、再開発の計画をチェックしパーフェクトなオフィス探しをはじめよう。東京でオフィスを探すのは今が、チャンス!2016年は、東京のオフィスの成約率が向上した。今、オリンピックに向け再開発が進む中で、東京のオフィス需要も順調に伸びている。

渋谷駅の再開発予定

渋谷の再開発は、2027年までに完成する予定の巨大プロジェクト。プロジェクトは大きく3つのエリアと宮下公園の再開発となっている。

・銀座線渋谷駅改良工事

東京メトロ銀座線、現在のホームを表参道方面に130メートル移動。(工期2011年4月~2018年2月)

・渋谷駅街区東棟

都内最大級の駅ビルの開発、地上47階、地下7階、高さ230メートル。(工期2014年~2019年)

・渋谷駅南街区プロジェクト

地上35階、地下4階、ホテル、オフィス、商業施設を兼ね備えた最新鋭のハイスペックビルの建設。(工期2014年~2018年)

・渋谷駅地区道玄坂再開発計画

道玄坂一丁目駅前、東急プラザ建替え(工期2015年~2019年)

・宮下公園

屋上公園に宮下公園が生まれ変わる。フットサル、クライミング、バスケット、スケート、カフェ、商業施設と地上17階のホテルを建設(工期2019年開業予定)

東京で理想的なオフィスを探す

人気NO1の注目のオフィスエリアの最新情報を直接調査。豊富な物件情報多数掲載。東京の賃貸オフィス検索サイト。賃貸オフィス、賃貸事務所全物件仲介手数料無料。成約率の高い自社管理物件、今すぐ内見可能。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る