東京の賃貸オフィスにおけるスタンディングデスクのメリットと選び方

東京の賃貸オフィスにおけるスタンディングデスクのメリットと選び方

スタンディングデスクのメリット

スタンディングデスクとは、立ちながら仕事ができるデスクのことで、世界的に有名な企業も多く取り入れています。従来のように長時間座ったままのデスクワークでは、運動不足により下半身の筋肉が衰えやすいということから、導入する企業が多くなりました。
ここではそんな東京の賃貸オフィスにおけるスタンディングデスクのメリットや、選び方等々をご紹介します。

スタンディングデスクのメリット

スタンディングデスクの選び方

【集中力が高まる】
東京などの賃貸オフィスで、長時間座ったままで仕事を続けていると、徐々に集中力が衰えてしまうということもあります。一方立ったままの状態だと、足の筋肉に力を入れて踏ん張っていなければ立ち続けていることが難しくなります。そうしたことからウトウトすることもなくなり、結果的には集中力も持続します。
スタンディングワークに慣れないと、最初のうちは足に疲れを感じやすくなるというデメリットもありますが、足に負担のかかりやすいハイヒールを避けるなど、工夫をすることで対処できます。

【アイデアが生まれやすい】
スタンディングデスクを用いて仕事に集中すれば、その分他のことを考えなくなるので、よりアイデアも生まれやすくなります。

【腰痛や肩こりの防止】
従来の1日中座りっぱなしになるデスクワークスタイルでは、背骨を曲げて前かがみになりやすいことから、腰痛や肩こりという健康被害が起こりやすくなります。また、運動不足による肥満や目の疲れ等も生じがちです。そうなると、生活習慣病による健康被害のリスクもおのずと高くなります。
しかしスタンディングワークであれば、背筋を伸ばした状態で前かがみにもなりにくいので、腰痛や肩こりの防止につながります。

スタンディングデスクの種類

スタンディングデスクの種類

【高さが固定のタイプ】
東京にある賃貸オフィスで仕事をする際、スタンディングデスクを選ぶ時は、固定式と高さが動かせるタイプとがあるので気を付けなければなりません。一般的には、固定式だと造りが簡単なので、その分値段も安くなります。その代わり自分の身長に合っていないと、せっかくスタンディングワークに切り替えたとしても意味を成しません。特に天板が低いと、やはり猫背の姿勢になってしまうことから、肩こりなどの健康被害が後日発生する可能性も高くなります。

【高さが動かせるタイプ】
高さが動かせるタイプは固定式に比べると、多少値段は張りますが、健康被害のことを想定すると結果的に安くなる場合もあります。
高さが動かせるタイプには、電動ボタンで天板の高さが調節できる電動タイプと、ハンドルを回して手動で天板の高さを調節するタイプとがあります。その他にも足元や天板の下にあるレバーを動かすと、ガス圧で天板の高さが調節できるタイプも見受けられます。いずれにしても天板の高さが調節できるタイプだと、長時間立ち仕事をする際にも負担が少なくなります。
ただし、天板の高さが調節できることだけにとらわれてはいけません。定期的にオフィスの模様替えなどを行う職場もあるので、持ち運びしやすい軽めのタイプを選ぶことも忘れないようにしましょう。さらにいろんな機能が付いているタイプになると、割高になるだけでなく、重量も重くなりやすいので注意が必要です。
足の部分にキャスターが付いているデスクだと、キャスターをコロコロと回しながら移動ができるので楽に動かせるようになります。

まとめ

スタンディングデスクは集中力が高まるなどのメリットがありますが、作業内容によっては座って作業をする方が良い場合もあります。そうしたことからも天板の高さを調節できるタイプだと、いずれの作業にも対応することができます。
また立ちっぱなしではふくらはぎなどが疲れやすくなるので、定期的に座って休憩することも忘れないようにしましょう。
東京の賃貸オフィスで健康を害することなく仕事をしたいのであれば、デスクの選び方にも注意が必要です。

投稿者プロフィール

佐藤 敦
佐藤 敦
2007年から不動産会社で勤めており、現在はリロンライフパートナーズ株式会社で事務所ビルの管理業務を行っています。

東京の賃貸オフィスのことならお気軽にご相談ください。

宅地建物取引士、一般社団法人日本不動産相続協会認定不動産相続士の資格を持っています。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る