東京でオフィスを探すときの重要なポイント

東京でオフィスを探すときの重要なポイント

知らないと損をするオフィス坪単価の秘密

都心は、コンクリートジャングルと言われるほど、ビルが溢れている。その中でも特に管理状態の良いビルを選ぶことが快適なオフィスを選ぶポイントになることだけは覚えておいて欲しい。そして、東京都心のオフィスの坪単価の秘密は『都心・大型・新築』この3点セットのオフィスは、坪単価が高くなるが、40坪前後のオフィスや30坪以下、20坪以下のオフィスであれば人気エリアで意外と坪単価が安い物件を見つけることができる。

100坪以下のオフィスを探すならこのエリア

100坪以下のオフィスを探すときのお勧めのエリアは、新宿区エリア、中央区エリア、港区エリア、渋谷区エリア。都心で駅から近い物件となると坪単価が高いというイメージがあるが、実は、相場以上に坪単価が高いのは100坪以上の物件が中心。東京の賃貸オフィスは、高いというイメージが出来上がっているが、近年は、坪単価が高騰しているのは100坪以上のオフィス。

人気エリアオフィスを探すポイント

都心の一等地にあるビルでも管理状態が悪いビルはたくさんある。管理の良いビルほど希少価値が高いと言える。管理の良いビルとはきめ細かな管理状態を保ってているので、内見すれば直ぐにわかります。清潔感や安心感を感じる物件を探しましょう。

オフィスの引越し新設には、引越し費用なども含め初期費用が必要になる。不動産関連費用は、『仲介手数料・敷金礼金・保険関連』。旧事務所がある場合は、旧事務所の原状回復工事費も必要になる。内装工事関連費は『内装工事費・電話工事費・ネットワーク工事費・セキュリティー工事費』が必要となる。設備費用は『什器・オフィス家具』が必要となる。オフィス選びのポイントは、可能であれば、オフィス探しから内装工事までワンストップで対応可能な会社を選ぶとスケジュール管理が簡単になる。

 オフィス探しを依頼するときのポイント

①目的を伝える

オフィスの利用目的を明確にする。

②坪数を伝える

③立地条件を伝える

エリアや最寄り駅の希望

④予算を伝える

目的を明確にすることで優先事項が決まる

何の為のオフィスが必要なのか明確にする。これは理念経営の考え方と似ている。会社の創業時に理念決をめるときも、誰のため、何の為の事業なのかを考え、社会に貢献することを目的とした理念をつくり。その理念を事業戦略に盛り込み、その目的と目標を達成するための拠点がオフィスです。誰に、何を、どんな価値を訴求するかが重要。オフィスを選ぶとき、どんな目的のためのオフィスなのかを明確にしておくことでぶれない視点でオフィスを選ぶことができる。

東京で理想的なオフィスを探す

人気NO1の注目のオフィスエリアの最新情報を直接調査。豊富な物件情報多数掲載。東京の賃貸オフィス検索サイト。賃貸オフィス、賃貸事務所全物件仲介手数料無料。成約率の高い自社管理物件、今すぐ内見可能。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る