オフィスレイアウトのポイント

オフィスレイアウトのポイント

オフィスつくりのポイント

効率的に仕事ができるオフィスをつくるときのコツは、「時間の削減」を考えることです。業務以外の移動や管理に費やす無駄な時間を削減すれば、削減した時間を仕事にまわせば生産性が向上します。オフィスをオープンさせるときは、移動時間の削減を考慮し、オフィスの近くに駅、コンビニエンスストア、銀行あると便利。日常的に使う所はオフィスの近くにあると、無駄な時間を削減でき生産性も上がる。

レイアウトで生産性が上がる

オフィスのレイアウトは生産性にたいして最適化されていることが重要。フロントオフィス業務は、集中力が必要な作業が多く集中したほうが生産性も向上するため、パネルやパーテーションで周囲の音や視線をシャットダウンし集中できる環境を整えるレイアウトをつくるとよい。事務処理などのバックオフィス業務は、各部署へのアクセスがよいほうがスムーズに作業ができるため、動線と直結している場所にデスクを配置するとよい。また、整理整頓も重要。整理整頓がしっかりとできていれば、管理業務にかける時間が削減できます。業務内容にあったレイアウトでオフィスを作ると同時に日頃から整理整頓しておくことが重要。

東京で人気のオフィスエリア

東京都中央区日本橋や東京都渋谷区表参道や東京都港区赤坂などの一等地の住所をみたときに、大きくてりっぱな会社なんだと想像されることがあります。たとえ、マンションの一室をオフィスにした小さなSOHOであっても日本橋、表参道、赤坂と名刺に書けば、都心の一等地でお店やオフィスをオープンさせていることになり、信頼を得られる可能性があります。東京は、ビジネス交流会や勉強会も頻繁に開催されています。都心での起業は人脈をつくることにも効果があります。都心はアクセスが良くお洒落な街や雰囲気のある建物が多いため、お洒落な街や建物の中に、オフィスやカウンセリングルームあれば、プラスイメージになります。お洒落な街は楽しげに歩いている人が多くいるから、幸せな感覚になることがあります。郊外の小さな商店街の古い雑居ビルの中にオフィスがあったらモチベーションも下がります。そこまで来る来客者も大変です。都心のオフィスは、アクセスがよいため集客力も向上します。

オフィス探しのポイント

①駅やコンビニなど日常的に使う場所が近くにある。
②整理整頓されていて、管理や清掃の時間が削減できる。
③生産性にたいしてレイアウトが最適化されている。
④都心のアクセス良好な場所である。
⑤生産性の高い客に時間と手間をかけサービスの質を向上させる。

19世紀イタリアの経済学者パレートが発見した法則「人口の20%の高額所得者が、社会の富の80%を所有している」という「パレートの法則」でビジネスを考える。20%の上客が利益の80%をもたらしてくれる。日本企業全体の総売り上げの8割を東京に集結している、企業が生産している。効率的に仕事ができるオフィスをつくる前に、効率的に収益を上がるエリアに移転するのも事業を成功させる方法かもしれない。

東京で理想的なオフィスを探す

人気NO1の注目のオフィスエリアの最新情報を直接調査。豊富な物件情報多数掲載。東京の賃貸オフィス検索サイト。賃貸オフィス、賃貸事務所全物件仲介手数料無料。成約率の高い自社管理物件、今すぐ内見可能。

 

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る