東京オフィス検索のポイント

東京オフィス検索のポイント

東京のオフィスを検索する

東京のオフィスビルの賃貸面積の約40%が中小規模のオフィス、60%が大規模オフィスの割合となっている。中小規模のオフィスは、築年数が20年~35年が多く、大規模オフィスは築年数15年以内が最も多い。実は、東京には70万個以上のオフィスがあり、日本全国のオフィスの10%以上が東京にある。そんな、東京でオフィスを探すなら今がベストな理由とは?

東京のオフィス賃料事情

東京のオフィスは成約が増え続け空室率が改善されている。しかし一人あたりのオフィス賃料は下落している。つまり、オフィス需要が高まり成約率が上昇しているが、賃料が下落している、アンバランスな状況にある。このまま成約率が上昇すれば、低迷している賃料も、間違いなく上昇する。2011年~2012年の成約率が低迷した影響もあり、現在は、仲介手数料無料の物件が増えているが、東京のオフィス不動産の人気が高まれば仲介手数料を払ってでも優良オフィスを選びたい企業も増えるだろう。東京でオフィスを選ぶなら今がベスト。

東京賃貸オフィスの数が多い区

1位 中央区

2位 港区

3位 新宿区

4位 千代田区

渋谷区は、オフィスの数が少なく、台東区や世田谷区よりも少ない23区内、9位。そんな渋谷区は、オフィス需要が高く坪単価は23区でも最も高い水準。東京23区で平均年収1位は、港区。2位は、千代田区。3位は、渋谷区。4位は、中央区となっている。1位の港区の平均年収は約900万。平均年収3位の渋谷区は、景気が好調なIT企業のオフィスが多くある。また、港区には外資系企業が集中しているため、隣接する港区、渋谷区は、好景気のIT企業、外資系企業が集まり、再開発が進み、最新鋭のハイスペック高層ビルの建設が進むホットなエリアとなっている。データを分析すると、どこのエリアが自社にとって最もメリットがエリアかを分析するときに参考となる。その際には、再開発の予定や規模も参考にすると良い。渋谷区、中央区、新宿区は2020年まで再開発を進める予定となっている。浜松町駅周辺では2030年までの計画で再開発を進めている。

東京で人気のオフィスエリア

東京でオフィスを探すなら千代田区がおすすめ!千代田区は、平均年収ランキングでも2位。千代田区は丸の内と大手町があり、日本の企業の中心地。また、皇居、国会議事堂も千代田区にある。千代田区は、整備も良く、警備体制も日頃から厳重。大掛かりな再開発の予定は、大手町に集中しているため、再開発されている最新鋭のハイスペックビルは、東京都が世界規模の大企業を東京に集めたい狙いがある。一方で、千代田区の大手町周辺以外のエリアは、再開発周辺とは、違った落ち着いた雰囲気の中小規模の優良オフィスの空きがある。今なら、仲介手数料無料、賃料も低いオフィスが存在している。

東京で理想的なオフィスを探す

人気NO1の注目のオフィスエリアの最新情報を直接調査。豊富な物件情報多数掲載。東京の賃貸オフィス検索サイト。賃貸オフィス、賃貸事務所全物件仲介手数料無料。成約率の高い自社管理物件、今すぐ内見可能。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る