防災対策と防災点検が大事

防災対策と防災点検が大事

古い照明器具は火災のリスクが高くなる!

古い照明器具を交換することで、建物が明るくなり、雰囲気が変ります。古い蛍光灯をLEDと交換とで消費電力も減り、電気料金の削減につながります。省エネ率を計算すると、短いスパンで工事費の回収ができるケースもあります。照明器具の交換は、火災などの対策にも有効です。古い照明器具が原因で、火災が発生するケースもあります。先日弊社でもオフィスビルの照明を交換する工事を実施しました。建物の雰囲気が変り、外観もきれいになりました。※照明器具交換スタッフブログはこちら

大停電ブラックアウト対策!

地下街や高層タワービルの内部、内側の通路や非常階段は、日の光を建物に導く採光が全くない箇所が多く存在します。停電発生時に避難誘導標識を見つけられるかが重要になります。避難誘導標識もLEDタイプに交換することで、光度が増し消費電力の削減ができます。非常階段や通路や駐車場のメンテナンス時に併せて、照明器具をすることで防災対策にもつながります。※誘導灯設置のスタッフブログはこちら

BCP対応型オフィスビル

都市の最も大きなリスクは、地震と河川の氾濫と報告書が作られています。東京で災害が発生した場合、企業の活動が継続できない場合は、継続できないに日数に応じて経済損失も大きくなります。企業の活動は、オフィスビルの設備や完備によっても大きく左右します。国の中核事業者が、活動を停止した場合は、災害復興の遅れを招くこともあります。国の中核の事業者は災害発生時であっても、活動が継続できるように最高水準のBCP対応型のオフィスを探しています。中小規模の企業でも同じことが言えます。都心には、中小企業の本社が集結しています。災害時であっても、活動を停止できない企業も多くあります。企業とビルオーナーは、ライフライン寸断時の対応マニュアルの作成や災害発生時の防犯対策マニュアルの作成は勿論、必須事項になり、入居者とビルオーナーと管理会社がマニュアルを共有し災害発生時に対応できるようにシュミレーションしておくことが重要になります。

BCP対応型オフィスビルが付加価値を高める

最新鋭のハイスペックオフィスビルには、世界規模企業が入居し、災害時であっても事業を継続できるように、先端のBCP対策の設備が導入されています。災害発生時にも電力の供給が可能となる設備やトイレ用の水を供給する設備などが完備されています。また、帰宅困難者が一次避難できる防災品の備蓄も数日分してます。東京は、世界有数のグローバルビジネス都市になるために準備を進めています。BCP対策の必要は、世界規模の企業が入居する再開発されている最新鋭のオフィス物件だけでなく中小企業が向けのオフィスビルにも求められている対策です。

設備の点検を必ず実施

まずは、設備の点検をしましょう。古くなった照明機器などは、一度総点検し、古い照明機器や電気類の設備は、直ぐに交換しましょう。古くなった照明機器が原因で火災発生ケースが増えています。※設備点検実施のスタッフブログはこちら

法定消防訓練を正しく実施

設備の点検と同時に、ビル全体で法定消防訓練を実施しましょう。消防訓練は義務付けられています。

東京で理想的なオフィスを探す

豊富な物件情報多数掲載。東京の賃貸オフィス検索サイト。賃貸オフィス、賃貸事務所全物件仲介手数料無料。成約率の高い自社管理物件、今すぐ内見可能。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る