テレビの映像不要の原因

テレビの映像不要の原因

テレビが映らないときの対象方法

テレビが映らない緊急対応。先日、弊社が管理をしている千葉県の物件の入居者様からテレビが映らないと連絡を受け、緊急対応をしました。※スタッフブログはこちら

テレビの映像不良の原因

テレビの電波障害があると、テレビにブロックノイズが現れたり、映らなかったりする現象になります。テレビ電波は、一定の基準値レベルで受信していないと映像にブロックノイズが現れたり、受信できなくなります。テレビの電波基準値(レベル)は、家庭のテレビで確認できるアンテナレベルとは違い、専用のテレビの電波の数値を調べる、通称“チェッカー”と呼ばれる測定機械を使って測定します。受信電波の強さを測定して、dB(デシベル)単位の数値を調べます。テレビの電波も人間の血圧のように、一定の基準値内であることが重要です。レベルが、高すぎてもブロックノイズが現れ、低すぎても映像が写らなくなります。レベルの基準値は、測定する場所で考える必要があります。大きくて古い集合住宅やオフィスビルの場合は、アンテナから部屋の中のテレビ端子(ユニット)までの間で、電波は減衰します。テレビに接続する先端部分、ケーブルの末端のレベルを調べ、末端レベル強度が基準値かどうかを測定します。古い建物は、内部に配線されている同軸ケーブルが古かったり劣化している場合があります。そうすると、テレビに接続するケーブルの末端に電波が到達する間に電波が減衰します。建物内部の同軸ケーブルが古かったり、壁端子の種類によってBS、CS、4K、8Kなどの高周波帯域の電波をスムーズに伝送されない場合もあります。ケーブル末端基準値は、60dB~80dBの間です。

設備不良

建物内のテレビ電波の伝送設備に異常があると、電波をスムーズの伝送することができなくなり、映像不良が発生します。設備不良の原因は、古い機器のため、新しい高周波帯域に対応できない場合や経年変化や雨や湿気による劣化や施工方法などが原因しています。3古い同軸ケーブルや分配器や増幅器や壁端子では、BS、CS、4K、8Kなどの高周波帯域の電波をスムーズ伝送できないケースがあります。特性が合わない分配器を使用しているとスムーズな伝送ができなくなります。また、いもつなぎをしている箇所がショートしているなどが原因となっている場合もあります。

映像不良の原因を確かめる方法

テレビの映像不良が発生したら、原因を正しく理解し正しいく対応することが重要です。受信設備を調査し、伝送設備、同軸ケーブルの周波数特性や性能や劣化の有無や施工状況を調査し、映像不良の原因を発見します。原因を正確に特定しそのうえで、改修することが重要です。

東京で理想的なオフィスを探す

人気NO1の注目のオフィスエリアの最新情報を直接調査。豊富な物件情報多数掲載。東京の賃貸オフィス検索サイト。賃貸オフィス、賃貸事務所全物件仲介手数料無料。成約率の高い自社管理物件、今すぐ内見可能。

エリアで探す

 
  • 物件名
  • エリア
  • 坪数
  • 賃料
  • 坪単価

東京事務所探しプラスとは

東京事務所探しプラスの特典

東京事務所探しプラスの魅力

ページトップへ戻る